CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルニア国物語

266.jpg


http://www.disney.co.jp/narnia/

イギリスの美的感覚がイマイチ掴めず・・・
あの4人兄弟・姉妹は果たしてイケているのか??
そんなビジュアルに疑問を感じながら見ていたのだけど、途中から自分が第一子長女であるが故の贔屓目からか、一番上のお兄ちゃんだけはかっこよく見えてきた。
長男として母親の期待に応えようという必死さがすごく良くでていて、私のハートを鷲掴みしたからに違いない。
そして2番目であるお姉ちゃん。この人さー。お姉ちゃんだからその下にいる弟と妹をかばってあげてよき理解者っぽく振る舞ってはいるけども、なんか結局のところお兄ちゃんに甘えているところがあるよね。闘いでも大して役に立ったわけでもなく、あれほどの弓矢を背負いながら、放ったのはたった1回だったような気がするんだけど・・(=_=)
それだけでも、もう少しきっちり働くっっ!と思ってしまうのだけど。
そして3番目の弟ね。これがまたビジュアルもダメだわ(あくまでも私的感想)性格もわがままだわ、単純バカだわ。でも行動力だけは無駄にあるわで始末に負えない。
でもその割には弟だからなのかあれほどの過ちをたった1回の行動で帳消しにされるわでね。それでまた本人も良しとしているところが腹立つーーーー(>_<)と私の怒りの炎にドコドコと油を注いでくれちゃった感じ。
しかも挙げ句に最後には「正義」っていう冠つけられちゃっていますけどーーーーー!冗談じゃないわけ。あいつに正義なんてあるわけないじゃんっっっっと映画館の椅子の上で1人もだえ気味に。
そして一番末っ子の妹ちゃん。無邪気なのね~。でもイギリスの子供らしくちょっとなんかしつけというかそういうのは行き届いているのねぇ~。
でも無邪気のままでは人間生きていけないのよぉ~。そもそもやってはいけないことに可愛い冒険心で突き進むからこんな大変なことになっちゃうのよぉ~。
とやんわりと注意したくなる気持ちが満帆にふくれあがってくるこの感覚。
ビジュアルもねぇ・・もっと可愛い子いないの??とクビをしばしかしげていたくなってしまった私。

まぁでもそうはいってもお話自体は面白かったかなと。突っ込みどころ満載で。
でも本気でロードオブザリングが苦手な私にはこっちの方が面白かった。

そして最後には成長したこの4人のビジュアルが見事なまでに変わっていてどれをとっても美男美女。あの3番目の弟までかっこよくなっていたことにはホント、びっくり。

でもこのお話、続きも作られることが確定したらしい。

・・・ちょっと楽しみかも(^^)
スポンサーサイト

コメント

★ TBありがとうございました

こんばんは♪
4人の兄弟姉妹に関する記事、楽しかったです!
あの兄弟ってハッキリ言っていけてないと思うのですが(失礼!)、見ているうちに愛着がわいてきました。
っていうか普通の子たちが冒険したり王になったりするからいいのかな?なんて。
可愛い子を4人もそろえるのが難しかったのかもしれないけどね(爆)

こんばんわ♪TB有難うございました♪

個人的には末っ子の笑顔にちょっと癒されてしまった自分です(^▽^;)(笑
魅力的なキャラ重視なら、いっそのことダコタ・ファニングを使えば・・・・と思いましたが、あの子は歯並びが悪いのでこれまた微妙ですハイ・・(汗

次回作の子役はもうちょっと魅力がアップしてる子が出て欲しいですね♪

★ こちらこそ

>ミチさん
こちらこそいつもTBさせていただいてありがとうございます。
私もまーったくいけていないなぁと思っていた4人でした。(私も失礼!)
確かに普通の子が・・・って感じではありましたね。
次回の映画ではあの預けられている家の教授(でしたか?)のことももう少しわかってくるとたのしいかなぁ~とも思いました。あとロッテンマイヤさん風の人も(笑)

>メビウスさん
コメントありがとうございます。そしてTBもありがとうございます。
キャラ重視ではなくあくまでもお話だったのでしょうかねー?それともライオン重視だったり??
次回は少し公開が先延ばしになったのでしたか?
あれこそ原作が長いみたいなのでどこまで続くか楽しみです(^^)

★ 中国茶

中国茶を探すなら http://www.so-blue.com/100316/200029/

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

 『E.T.』のドリュー・バリモアをも思い出させるルーシーちゃん。一人だけアフレコ感が溢れていました(字幕版)。
映画館にて「ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女」★★★☆C.S.ルイスによるファンタジー「ナルニア国物語」シリーズの第1章:ライオンと魔女の映画化。「LotR」や「ハリポタ」でファンタジーブームが巻き起こり、満を持して登場した「ナルニア国物語」。なるほど、CG技
誕生から55年というC.S.ルイスの壮大な英国ファンタジーをディズニーが映画化した大作。 原作本ナルニア国ものがたり 児童書原作のファンの人、ファンタジー好きの人には前々から楽しみにしていたであろうこの作品、どちらにも当てはまらないワタシとしては、何の期待も
C・S・ルイス原作のディズニー・ファンタジー映画第二次大戦 空襲がひどくなるロンドンを疎開する4人の兄弟ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシィ疎開先のカーク先生のお屋敷は大きく かくれんぼうにもってこいです4人の兄弟はかくれんぼうをして遊ぶのですが末っ子ル
【監督】アンドリュー・アダムソン【出演】ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/スキャンダー・ケインズ/ジョージ・ヘンリー/ティルダ・スウィントン/リーアム・ニーソン(
今日は3ヶ月ぶりに劇場でお金を払って映画を観た。 と言ってもサービスデイで¥1000なんだけど。 観

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。