CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

05月≪ 03月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥモロー・ワールド

343.jpg


公式サイト

ジュリアン・ムーアがけっこうなチョイ役だったことに驚き(@_@)
そしてもっと近未来的な話しなのかなぁ(SFちっく)と思っていたら、どこかの国の内戦みたいな雰囲気でそれもそれでびっくり(@_@)

最後にはあんた死ぬんかいっっ!っていう突っ込みも入り・・・
なんかあの妊娠している女の子にかかわったせいで、クライブ・ウォーエンの周りがみんなどんどん殺されて本当に気の毒(^^;
あの子、なんでしょう?いくら出産が珍しいからって、こんなに周りをどかどか巻き込んでしまっていいのでしょうか?
そしてなんか生まれた子がキリスト様みたいになっているのもどうよって感じがね・・。
あの船に乗れば本当に大丈夫なのかどうかも怪しいと思うんですけどー(-"- )
従兄弟の大臣の息子はいったいなんだったのかなって気もしますしー。
よく分からない映画でございました。
退屈はしなかったんですけど、意味するところがイマイチ分からないまま終わったかなぁ~。
タダで見たのでまぁいいかなと無理矢理納得したところがあった映画でございました。
スポンサーサイト

コメント

★ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

★ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

"子供のいなくなった未来"を観てきました~{/kaminari/}ん??でも思ってたのと全然ちがうぞ、、、SFかと思ったら、舞台は2027年というわりと近未来のお話。そこでは、イギリス以外の国はほぼ壊滅していて、、、、。凄まじい銃撃シーン。爆発シーンのリアルさには
2006年65本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督作品。女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人類..
(原題:Children of men)----これってアルフォンソ・キュアロンの新作だよね。彼のフィルモグラフィって、どこか変わってるよね「うん。今度は近未来SFだしね。しかも赤ちゃんが生まれなくなってついに人類に明日への希望がなくなった世界」---でも、そういうのって安っぽ
予告編の雰囲気では、もっと未来的な印象だったけど、2027年という極近未来の物語だったんですね。18年間も子供が誕生していないってことは2009年あたりから生まれなくなったってことですよね。想像出来そう出来ない設定に正直戸惑いながらも飲み込まれていきました。出....
トモロヲ・ワールドってどんな所かな~
西暦2027年、人類はすでに18年間も子供が誕生していなかった。原因は分からず、人類滅亡の時が刻一刻と迫り、希望を失った世界には暴力と無秩序が拡まっていた。そうした中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者に対して徹底した取締りを行なうことによって辛うじて治安を維持
監督:アルフォソン・キュアロン CAST:クライヴ・オーウェン、マイケル・ケイン、ジュリアン・ムーア 他STORY:西暦2027年、人類は生殖能力を無くし、2009以来地球上には1人も子供が産まれなくなっていた。人類存続の危機に貧し、世界各地で紛争やテロが起きていた。ある
2027年、子供が生まれなくなって18年。イギリスだけが、国家として唯一機能している、そんな世界が描かれます。私はなぜか、近未来ものに強く惹かれます。そこでは、必ず
「トゥモロー・ワールド」を鑑賞してきました英国推理作家協会賞に輝くP.D.ジェイムズのベストセラー小説b>「人類の子供たち」を、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映像化したSFアクション。製作費120億円を投じてつくら...
 101匹もいませんが(笑)・・・それでもほとんどのシーンでたくさんの犬が出てきます。日本では「多産・安産」の象徴でもある犬ですが、イギリスもそうなのでしょうか?(笑) 珍しいことに、イギリスでは9月から公開されていますが、アメリはではアカデミー賞狙いってこ
タイトル トゥモロー・ワールド---感想---人類が生殖能力を失ってから18年経った世界。舞台はイギリスです。いまの”テロとの戦い”をそのまま推し進めていくと、こうなってしまうのか?と思わず思ってしまいます。テロはまだ続いており、世界は平和になるどころか、テロが
【監督】アルフォンソ・キュアロン【出演】クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/チャーリー・ハナム【公開日】2006/11.18【製作】アメリカ【ストーリー】西暦2027年、人類に
255「トゥモロー・ワールド」(イギリス) 西暦2027年。世界は戦争と退廃で、崩壊しようとしていた。更に人類には18年間も子供が誕生していなかった。世界最年少の男ディエゴの死で、悲しみに暮れる世界、そしてイギリス・ロンドン。ここでは不法入国者の取り締ま
映画 トゥモロー・ワールド 製作年度 2006年 上映時間 109分 監督 アルフォンソ・キュアロン 製作総指揮 アーミアン・バーンスタイン 、トーマス・A・ブリス 原作 P・D・ジェイムズ 脚本 アルフォンソ・キュアロ
2027年、地球にはもう18年間子供が生まれていなかった。生殖能力とともに希望を失った人類の近未来を描いたSF大作『トゥモロー・ワールド』11月18日公開。トゥモロー・ワールドさぞ派手なSF作かと思ってたら、とんでもない! グレイッシュな映像と、希望のない設定で超ダウ
2027年、そう遠くない未来ですね。
メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロンによる近未来SF大作。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では少々勝手が違ったのか、食い足りない印象が残ったが、こちらは中々の仕上がりだ。子供が誕生しなくなり、人類が絶
2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00~)で見てきました。原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン  ジュリアン・ムーア  マイケル・ケイン  キウェテル・イジョフォー  クレア=ホープ・アシティ  チャーリー・ハナムう~ん、、、...
 「トゥモロー・ワールド」公式サイト近未来SFアクション映画?普段まったく興味のないジャンルの映画だけど、なんとなくキャッチコピーとクライヴ・オーウェンに惹かれて観て来ました☆西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常事態が続い
評価:★★★★ジュリアンが射殺される!ここから、この映画が本気モードであると実感する。
子供が誕生しない未来~人類だけが地球から消え去る~このままでは、地球を受け継ぐ者は、誰もいなくなる。2027年 ─ 我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう! 国家.
クライブ・オーウェン主演「トゥモロー・ワールド」観てきました。人類に子供が生まれなくなった近未来。未来へ繋ぐべき希望が生まれぬ世界で、変らず繰り広げられる争い。そんな中に生まれる新しい命。未読ですが、原作はP・D・ジェイムズの『人類の子供たち』。
映画「トゥモロー・ワールド」の感想です
久々に度肝を抜かれる映画を観た気がします。終末観が漂う映像からみなぎる緊迫感やエネルギーがすごい。原題の"Children of men"(「人類の子供たち」)という原作小説の「18年間子供が生まれない2027年」の世界をモチーフに、かなり監督アルフォンソ...

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。