CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆれる

400.jpg


公式サイト

メゾン・ド・ヒミコを見てからオダジョーをスキなのだけど、この映画でもさすがのオダジョーの魅力を余すところなく見せてくれた感じで大満足。
お話自体はけっこう重く、兄弟愛や家族愛をとっても考えさせられるものだった。
兄・稔を演じた香川さんもさすがの演技力で魅せてくれたし、弟・猛を演じたオダジョーの演技もとても上手い。
稔でいいのではないか?稔といても不幸せではないだろうと自分自身納得しようとしていたかもしれない女性・智恵子は元彼・猛の登場・訪問で自分の中で鎮めようとしていた思いがあふれ出てしまう。

吊り橋を容易に渡っていった猛を追うように智恵子はかけだし、それを「危ないから」という理由で自分の恐怖を押し殺し、智恵子にしがみつくように止める稔。

吊り橋を渡りきればそこには、猛がいるはずだけど、智恵子自身そんな自分を受け止めてくれる可能性が限りなく低いことは分かっていたはず。
それでも駆け出したいその衝動は、今までの自分、田舎での環境、このままで行けば多分自分は・・・そんな状況から脱したいという思いが溢れ出たのだろうと思う。
そしてそれを分かっていたからこそ、自分が心の奥底で望んでいる全てのものを持っている弟に智恵子だけは渡したくない稔は必死の思いで止め、そして拒絶され、あのような状況になったのだろうと思う。
あの傷から察するに、稔は智恵子を助けようとして、結果それが叶わなかったと思っているのだけども、なぜに猛にはそう見えなかったのか?
それともあやふやな思いを抱えたまま兄をかばい、そして裁判を交えたあの稔の言葉や態度で弟として兄に抱えていた何かをああいう形にしてしまったのか?

ゆれるというこの題名はすべてにおいてこの映画のキーワードとなっていると思う。
ゆれる智恵子の思い。ゆれる吊り橋。ゆれる稔の証言。ゆれる猛の兄への思い。

しかし、ラストで叫ぶ猛の「兄ちゃん」という呼びかけ。
それに応える稔の弟を見つめる慈愛に満ちた微笑み。

そこに全ての答えが表現されているかもしれない。

いろいろと考えさせられる秀作と思える映画だった。
スポンサーサイト

コメント

★ 見事な一本でした

こんばんは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、西川美和さんが作り出したシリアスなばかりでない多様であり深い感情を提示した映画世界が素晴らしく、主演である香川照之さんとオダギリジョーさんをはじめとした各出演者の皆さんの作品世界での存在の輝きに圧倒された一本でした。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。

★ こんにちは♪

「メゾン」をご覧になってからオダギリジョーを気に入られたのですね~。
私もあの映画の春彦にはメロメロでした(笑)
そして「ゆれる」も秀作でした。
何度か見たのですが、
>あの傷から察するに、稔は智恵子を助けようとして、結果それが叶わなかったと思っているのだけども、なぜに猛にはそう見えなかったのか
ここがどうしても分からないのです。
人は見たい物しか見ないということなのでしょうか。
いまだにその部分が分かりかねて“ゆれて”います。

★ ありがとうございました

☆たろさん

こちらこそいつもありがとうございます。
ほんと、見事な1本だったなぁ~と思います。
いろいろな意味で深くそして考えさせられるお話で・・・。
最後のシーンも観た人によってそれぞれの答えがでるのでしょうけども、その答えすべてに納得がいく作りになっていたような気がします。

オダジョーくんと香川さんの演技力にも脱帽でした。

☆ミチさん

そうなんです。メゾンのオダジョーくん最高でした。
あの静ちゃんみたいなブラウスをあそこまで着こなせる俳優さんて他にいないような気がします。(マジで)
ゆれる、何度もご覧になったんですね。確かにあと1回観るとまた違ったところに気がつけるのかなとも思ったりしています。
見終わってからも私たち観客もゆれてしまう秀作でしたね!

★ "ストックオプション制度と30代,40代の転職"

ストックオプション制度とは、会社の将来の株価と連動した長期インセンティブ制度の1つである http://strook.ellingtonrecords.com/

★ ダイエットと消費期限と美容のバランス

消費期限(usebydate)とは、食品衛生法とJAS法で定義された、食品が衛生的かつ安全に飲食できる期限を示しています http://advice.sabellsenterprises.com/

★ ピットマン英検と30代,40代の転職

ピットマン英検とは、初級から上級まで5段階で英語力を評価するテストのこと http://facial4.misterblackband.com/

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

こんにちは。曇り空の金曜日です。今日は、昨日 一足先に イイノホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、西川美和さんの新作映画について。『 ゆ れ る 』 ( ‘06年 日本 )《 STAFF 》監督 : 西川 美和原案 : 西川 美和 『 ゆ れ る 』 ( 単行本 ‘0
こんにちは。良く晴れた月曜日です。今日は、以前御紹介させて頂いた、西川美和さん自身が小説化した映画『 ゆれる 』 ( ‘06年 日本 )の原作本について。『 ゆ れ る 』 西川 美和 ( 単行本 ‘06年 (株)ポプラ社 )目 次第一章 早川猛のかたり第ニ章 川端智恵子
ホントは公開初日に行きたかったんだけど直前にTVでこの作品をよく取り上げだした上にさらに褒めちぎるもんだから、ミニシアター系作品でコレだと絶対混むなぁと思って平日初日にしてみたら、それでも立見がでる盛況ぶりでしたヨ。TVのアナウンス効果は絶大ですね。監督は「
『ゆれる』試写を観たのは、いつだったろうか。随分前でした。オダギリジョー、香川照之主演という事と、タイトルだけの予備知識で観ました。 ゆれるposted with amazlet on 06.12.01バンダイビジュアル (2007/02/23)売り上げランキング: 127おすすめ度の平均: 自分の立つ
「ちょっと気が早いけど、この映画はぼくの上半期邦画の暫定ベストワン!」----そりゃ、また大胆な……。この映画って確か『蛇イチゴ』の監督だよね。「そう。西川美和。前作の『蛇イチゴ』を観たとき、まだ20代の監督がどうしてここまで洞察力に富んだ映画を作れるんだろう
東京で写真家として成功した弟の猛(オダギリ ジョー)と地方に残り実家の家業のガソリンスタンドを継ぐ兄の稔(香川照之)。二人は幼なじみの智恵子(真木よう子)とともに懐かしい渓谷へと足をのばす。そこで起こったひとつの出来事。事故なのか、事件なのか。その出来事
■観賞日:2006年7月22日■観賞場所:アミューズCQN■感想など東京で写真家として活躍していた猛(オダギリジョー)は、母親の一周忌のため久しぶりに故郷に戻ってきた。その翌日、地元で働く兄の稔(香川照之)と幼なじみの智恵子(真木よう子)とともに、渓谷に出かける。そこで
東京で写真家として名を上げている弟の猛(オダギリジョー)地元で家業のガソリンスタンドを継ぐ兄の稔(香川照之)そして二人の幼なじみの智恵子(真木よう子)この三人をめぐるサスペンス。ただのサスペンスでもない。感情を激しく揺さぶる内面に隠れた何かへの負い目。段
評価:80点{/fuki_suki/}ゆれるラムの大通りのえいさんが4月の時点で、「上半期邦画の暫定ベストワン」と宣言してから気になっていた作品。混んでました。舞台挨拶が行われるアミューズCQNを避けたのに大混雑。そこまでとは思いませんでした。何とか座ることが出来ま
東京で写真家として成功している猛は、母の一周忌で久しぶりに帰郷し、兄の稔と兄の下で働いている幼馴染の智恵子の3人で、かつて家族で遊びに行った近くの渓谷に出かけます。智恵子と稔の二人が渓谷にかかった吊橋の上にいた時、智恵子が下の川に転落してしまいます。事故
 あの橋を渡るまでは兄弟でした
あの橋を渡るまで、兄弟でした。  ■監督・原案・脚本 西川美和■キャスト オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、蟹江敬三、 木村祐一、田口トモロヲ、ピエール瀧 □オフィシャルサイト  『ゆれる』 母親の一周忌で久々に故郷へ帰る
監督:西川美和CAST:オダギリジョー、香川照之 他東京でカメラマンをしている早川猛(オダギリ)は、母の一周忌の為に帰省する。翌日、温厚で優しい兄の稔(香川照之)と幼なじみの智恵子と猛の三人で、幼い頃に兄弟でよく行った蓮美渓谷へ向かう・・・・良かったぁ・
【アミューズCQN@渋谷】東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛(オダギリジョー)。母の一周忌に久々に帰郷した彼は、そこで父(伊武雅刀)と共にガソリンスタンドを経営する兄・稔(香川照之)と再会する。猛は頑固な父とは折り合いが悪かったが、温厚な稔が
「どうして、俺とお前はこんなに違うの?」兄と弟。どこまでも、この映画は兄弟をアシンメトリーに映し続ける。刑務所の面接室の中、同じ床、同じ設備、しかしその間にはどうしようもないガラスの壁。山梨で父とともにガソリンスタンドを経営する実直な兄、稔(香川照之
散々観よう観ようと思いつつ後回しにしてしまった作品です。気が付いたら終わっていました。仕事休んでも横浜映画祭行こうかとも考えたのですが、やってくれて良かったです。もちろん、オダギリジョーなんかではなく、真木よう子がお目当てですからぁ。
人の心は、常に揺れ動いていてホントに古い吊り橋のようだ。兄弟ならではのプライドや見栄・憎しみや嫉妬、そして、愛情!微妙な心の演技が素晴らしかったです。東京でカメラマンとして、それなりに成功をおさめた弟猛(オダギリジョー)と田舎で父親の面倒をみながらガソリ
映画館にて「ゆれる」『蛇イチゴ』の西川美和監督のオリジナル脚本による第二作目。サスペンスタッチのストーリーと裁判劇という全く私好みの作品。どこから感想を書いていいかも分からないほどいろいろ言いたいことが山のように出てくる。とにかく“ゆれ”ます。登場人物の
てくてくと歩いて帰る足取りも軽くなったが、キム検事のしてやったり顔を思い出して目の前が揺れていた。
『ゆれる』(6月14日 試写)こんばんはー{/star/}今回、紹介する作品は「ゆれる」という映画です。観た後に、「こんなにも心身共に疲れる、考えさせられる作品は今までにないだろう」と心から感じる程に深く、もの凄い作品でした{/face_hekomu/}(でも決して、嫌は疲れ

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。