CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

04月≪ 05月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンキュー・スモーキング

356.jpg


公式HP

なかなかに楽しかったと記憶しているのだけど、なんかこれと言って印象になにかが残ったかと言えば残らず。
今でこそ禁煙ブームで、もちろん私もそれを推奨しているのだけども、あの時代、禁煙の波に必死に立ち向かおうとしていたたばこ会社の知的な闘いの映画という感じなのかな?
あれだけ饒舌に頭を使って対抗し続けた主人公のニック・ネイラー(アーロン・エッカート)が、コロっと危険だと言われていた女記者(ケイティ・ホームズ)に騙されちゃうのはどうなのよって感じもしたのだけど、全編を通して洒落て小粋なジョークや皮肉が散りばめられていてその辺のリズミカルな感じは良かったかなと思う。
仲間3人との会食シーンも楽しかったし。
でも、字幕では読み取り切れないアメリカンな感じのそれらはまだまだいっぱいあったのだろうなぁとは思うのだけど。
そして最初はなんかこの子・・・どうしてこの子?と思った、息子のジョーイくんなんだけど、最後の方ではかなり良い味がでてきて、ナイスな配役!と納得。

たばこは体に良くないのは、もちろんのところなのだろうけども、それなりに必要な情報を得てそれなりに必要な知識を持っていれば一概に悪いとばかりは言えないのかなぁ?合法なわけだし・・・なんてちょっとたばこを擁護したくなっちゃう気持ちにもなったり。
でも時代の波というものは必ずしも押し寄せるものなので、それを見極める先見の目というのも大事なのねと最後はやっぱりやり手の主人公に拍手
スポンサーサイト

コメント

★ こんばんは~

TBありがとうございます。
自分も「映画館で映画を観る」方、というか、それ自体の行為が趣味です。

個人的にはすんなり楽しめました。ユーモアものは訳で損しますよね。外国人さんなんかが、近くて観ていたりすると、笑いどころが微妙に違っていたり、よく笑ってたりすると、きっとは洒落たセリフがちりばめられているんだろうなぁ~なんて思ったりします。

★ TBありがとうございました

小粒にまとまっていた作品でしたね♪
タバコの良し悪しについての作品じゃなかったところが良かったですよね★

★ TBありがとうございました

こんばんは♪
この作品の中ってタバコを吸ってるシーンが無いんですよね~。
意外な気がしました。
パパについて行って、しっかりと仕事ぶりを見ていた息子ですが、その話術の才能を受け継いでいるようですね。末恐ろしい~(笑)

★ ありがとうございました!

八ちゃん

こちらこそTBさせていただきありがとうございました。
私も映画館で映画を観る行為自体が趣味かもしれません。
テレビで映画って・・・ここ数年観ていないような気がします~。

洒落た英語のセリフを生で分かるようになりたいなぁ~とこういうときは強く思います。
でも一生無理なんだろうなと言うことも分かってはいるのですけど~(^^;

とらねこさん

こちらこそTBさせていただきありがとうございました。
たばこの善し悪しには触れていなかったですね!そう言えば。(今頃気がつく私)
結局主人公の理論に飲み込まれちゃった感じの私なのかもしれません。


ミチさん

そしてたばこを吸っているシーンがなかった事も今、気がつきました(@_@)
そう言えばバシバシ吸っていても良さそうな感じですよね~。
あの息子くんの成長ぶりが私には驚きでした。最後のスピーチはお父さんを超えていたかも(笑)

★ 別居の届けガイド

別居の検索サイト。離婚、生活費、石黒彩、家庭内、ブログなど別居に関する各種情報をお届けしています。 http://machicolation.hartmerrell.com/

★ 土木施工管理技士を目指して30代,40代で転職

土木施工管理技士は、道路・橋・トンネルなどの大規模工事の計画作成、現場監督などをする http://fash2.rcrane4law.com/

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

いやぁ、面白い!今年のシャンテ シネで観賞した映画の中で一番笑いが多かった(キンキー・ブーツをしのいでいた!)。楽しめたし、出演者の幅広さにもびっくり。本年度劇場観賞110本目。
情報操作やってんのは政府だろ!
映画 「サンキュー・スモーキング」 を観ました。
試写にて『サンキュー・スモーキング』(THANK YOU FOR SMOKING)鑑賞。一日に1,200人殺すタバコ業界のPRマンとして巧みな話術と情報操作でタバコを擁護し続ける主人公ニック・ネイラー(アーロン・エッカート)はトラブルバスターで、彼の武器は“言葉”のみ。時に論理的
予告編が面白そうだったので観たいと思ってたんだけど、日比谷シャンテに行く時間がなかなかとれなくて、と思ってたら、TOHO川崎でも上映してることに気付きました。気付かなかったら「アタゴオルは猫の森」を観に行ってたカモ(笑) 「記憶の棘」の重要な少年役で怪演を見せ
----この映画、アメリカでの今年の1館当たりの興収記録を作ったんだって?タイトルからしてセンセーショナルだけど、どんな映画なの?「主人公のニック・ネイラー(アーロン・エッカート)はタバコ業界を代表する凄腕のPRマン。高まる嫌煙運動に対して、魅力的なスマイルと
「サンキュー・スモーキング」一ツ橋ホールで鑑賞タバコ業界の広報主任の奮闘記。なんとも軽快、巧妙。言葉が武器であることを思い知らされてきました。しゃべりの上手な人はやっぱり頭の回転が速くてこういう人を頭がいいというのでしょう。台詞命の作品なのに字幕が白い色
10/17の1本目は、「TOHOシネマズ川崎」で。ヘビーではないけど、今だ?喫煙家のひらりん。世の中、タバコが吸える場所が少なくなってるぅぅ・・・ひらりんの悲鳴を、この映画が救ってくれるのか???
10/17の1本目は、「TOHOシネマズ川崎」で。ヘビーではないけど、今だ?喫煙家のひらりん。世の中、タバコが吸える場所が少なくなってるぅぅ・・・ひらりんの悲鳴を、この映画が救ってくれるのか???
その男、話術で世間を煙に巻く製作年:2006年製作国:アメリカ監 督:ジェイソン・ライトマン出演者:アーロン・エッカート/マリア・ベロ/アダム・ブロディ/ケイティ・ホームズ/ウィリアム・H・メイシー時 間:93分[感想]オープニングロールがタバコのパッケージ風で
知的ディベート☆エンターテイメントタバコの嫌いな人にもオススメできる本作です☆スピード感のあるセリフの応酬、皮肉の効いた風刺。とにかく文句なく楽しめる!
 「サンキュー・スモーキング」公式サイト初!ブロガー試写会なるもの行ってきました☆あそこに来ていた人たちの半分はブロガーさん♪いつもお世話になっている人いたかな??タバコ研究アカデミー所属のPRマン、ニック・ネイラー(アーロン・エッカート)は、日々マスコミ
タバコ業界の腕利きスポークスマンを描いた物語です。
タバコ研究アカデミー所属のPRマン、ニック・ネイラーの使命は、得意の話術でタバコ業界への手厳しいバッシングをかわすこと。その巧みな論理のすり替えテクニックから「情報操作の王」と異名をとる彼の評判はすこぶる悪いが、一人息子のジョーイだけはそんな父親を尊敬して
アーロン・エッカート、マリア・ベロ、キャメロン・ブライトアダム・ブロディ、サム・エリオット、ケイト・ホームズデヴィッド・コークナー、ウィリアム・H・メイシー出演タバコ研究アカデミー広報部長ニック・ネイラーは嫌煙権、禁煙運動の盛んな最今 煙草販売の危機を巧
【シネマ・アンジェリカ@渋谷】タバコ研究アカデミーのPRマンをするニック・ネイラー(アーロン・エッカート)は、厳しさを増すタバコへの攻撃をかわすため連日マスコミの矢面に立って戦い続ける業界の顔。中でも、パッケージにドクロマークを、と息巻くフィニスター上院議
映画館にて「サンキュー・スモーキング」タバコ業界の宣伝マンの真実に迫るシニカルなコメディ。♪スパスパ吹かして死んじまえ~♪っていうノリのよい歌と、タバコのパッケージデザインのオープニングからとてもセンスがよく引き込まれる。 主人公のニック(アーロン・エッ
  タバコは体に悪い。無害といのは全くのウソである。 喫煙者は日常的にタバコを口にし、一時の一服を楽しむ。 タバコ産業は一大マーケットだ。喫煙というビジネスは利益を生み出す最大のプロットと言っても良いのかもしれない。  日本でも、....
かなり期待していったのですが、痛快なフレーズは全て予告に盛り込まれていたみたいです(^^;)面白いんだけど、なんだか物足りなさが残ってしまいました・・・。

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。