CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラガール

337.jpg


公式サイト

アカデミー賞出品作品だとか・・・
是非とも賞を受賞していただきたいこの映画。
なんかけっこう(かなり?)泣いてしまったのですねぇ~。
親子や姉弟や友達や兄弟や仲間や、その間に発生する愛がふんだんに描かれていて、何度も何度もいろいろなシーンで泣いてしまった私。
それに舞台となっている常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアン)けっこう身近ですのでねぇ~(*^^*ゞ
親近感もわいちゃいました。

活気ある炭坑が時代の波と共に廃坑へと色を濃くしていくあの時代。
このまま炭坑だけに頼ってはいけないと時代の空気はたぶんあそこにいた人すべてが感じていたはず。
しかしその中で、新規事業である常磐ハワイアンセンターの設立へと動き出せるその人たちはかなりの勇気や踏ん切りが必要だったのだろうと思う。
そして女性が自分で職業を持ち、自分の思う道を進もうと決意する難しさや勇気も今の時代とは比べ物にならないものだっただろうと思う。

でも、一人が二人になり、二人が四人になり・・・そのメンバーたちが一生懸命にやり続ければ続けるほど、その想いは伝わっていくんだなぁと映画を見終わった後は感動の嵐だった私。

もうね、この映画。泣きっぱなしでした(*^^*ゞ
一人で観に行ったのだけど、隣の隣の席に座った人がこれまた私と同じタイミングで泣きのツボを押されるみたいで、二人で泣き出す時が一緒。
私が鼻をすすれば、同じような音が聞こえ、ハンカチを探す音が聞こえてくれば私も探しているところ。
そんなこんなで相乗効果というのかなんなのか?本当に泣いちゃっておりました。

友との別れでなき、親子のけんかでなき、妹を思う兄の気持ちで泣き、静ちゃんの決意を見ては泣き、先生を迎えに行っては泣き、最後の彼女の晴れ舞台でも大泣き(^^*ゞ

それにしても女優さんって本当にすごい。
フラダンスをやっていたわけでもないと思うのに、この役を演じるためにここまで踊れるようにレッスンを重ねたのだろうと思うと、それだけでも感動。

松雪さんの美しさや気高さにやられ、蒼井優ちゃんの可憐さにやられたこの映画。
静ちゃんも可愛く見えて来ちゃったりした私は本当にこの映画の大ファンかも♪

人生には降りられない舞台がある―――
まちのため、家族のため、友のため
そして自分の人生のために

正にこの言葉はフラガールという映画すべてを表していると思う。

DVDが発売になったら、最後のソロダンス。じっくり何回も繰り返してみてみたいな~(^^)
スポンサーサイト

コメント

★ ナンバー1

HISAYOさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

この映画で泣かない人はいるんでしょうか?と言うくらいの号泣映画ですよね。自分も映画館で人目をはばからず泣いてしまいましたね~。3回くらい。
外国語映画賞にもノミネートされましたし、日本アカデミーでも健闘して欲しいですね。個人的には去年の邦画ナンバー1です♪

★ 見事な一本でありました


こんにちは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、様々な味わいを感じさせる丁寧な物語展開、松雪泰子さん、蒼井優さん、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんをはじめとした女性陣のフラダンス、脇を固める豊川悦司さんや岸部一徳さんなど、出演者の皆さんの優れた存在感、そして、これらをまとめた李相日氏の優れた手腕が光った、見事な映画でありました。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。

★ TBありがとうございました

こんばんは♪
私は二回見たのですが、二回とも泣けて仕方ありませんでした。
どの俳優さんの演技も素晴らしかったです!

★ NoTitle

☆メビウスさん

こちらこそいつもTBさせていただきありがとうございます。

そうですよねぇ~。ほんとこの映画で泣かない人っているんでしょうか?と思ってしまうほど感動映画でしたよね。
私も去年の邦画ナンバー1です。
DVDになったら絶対に買おうと思っています(^^)

☆たろさん

TBさせていただきありがとうございました。

ほんと味わい深い良い映画でしたよねぇ~。俳優さんそれぞれがよい演技を見せてくれたおかげですんなりと映画の中に入っていくことが出来ました。
みんなのがんばりひとつひとつが現在のスパリゾートハワイアンを作ったんだなぁとまた感動もひとしおとなりました。

私もこれからも遊びに行かせて頂きます。よろしくお願い致します。

☆ミチさん

2回ご覧になったんですね~。私はDVDがでたら絶対に買おうと思っています。
また同じシーンで泣いちゃうかも・・なんですけども、それを望んでいるところもあったりして(*^^*ゞ
でもまたみたいシーンナンバー1はやっぱり蒼井優ちゃんのソロダンスですかねー♪

★ 柔道整復師を目指して30代,40代で転職

柔道整復師、日本古来の柔道の基本技に基づいた治療を行なう http://martyrology2.rcrane4law.com/

★ ソファ

ソファを探すなら http://www.pigottop.com/100804/205515/

★ はじめまして

こんにちは、いつも参考にしています。これからも遊びにきます☆

★ そうですね

ちょくちょく遊びに来ます。継続して更新感服します。僕も努力しないと・・・。ここのところ寒いので体に気をつけて下さい。またよらせて頂きます。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

監督:李相日 CAST:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司 他昭和40年、福島県の炭坑に誕生したハワイアンセンターにまつわる実話を映画化。福島県いわき市、常磐炭坑は時代の流れと共に閉山の危機に追い込まれていた。そんな中、「ハワイアンセンター」の計画が持ち上がり、東
さて、映画観まくってる私ですが、以前書いたのが「スーパーマン リターンズ」で、8月の帰省時に観たもので、なんと9月はまだ1本も観てない事に気付いた!まあ、
いや~~ビックリしました。 しずちゃんが出ている場面では、他の出演者の存在を喰ってしまっていると思いましたよ。ひょっとしたら女優さんで化けるかも?、、、ですよ(^^; 全体的に本当に気持ちよく映画を見ることができました。
南海キャンディーズのしずちゃんが一人で踊っていた劇場予告編はかなり以前から見せられていたので、全容が掴めないものの何だか気になる作品だったわけですが、公開が目前にして宣伝量も一気にアップしていくに従って前評判おグングンと高まっていきましたね。いつの間にか
でかい・・・しずちゃん。
常磐ハワイアンセンターという名前は知っていましたが、行った事はないので、私の中では、1種の温泉センターのイメージだったのですが・・・こんなドラマチックなトコだったんですね~。(~_~;)昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へとエネルギー革命が押
評価:80点
「フラガール」は昭和40年に炭鉱の町だったいわき市に炭鉱に変わる事業として炭鉱会社が構想した「常磐ハワイアンセンター」開場までを描いた実話のドリームストーリーである。当時海外旅行(ハワイ旅行)が夢だった時代に全くあり得ないシュチエーションの構想に色々な不
フラガール2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、今年見た中...
【監督】李相日【出演】松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/池津祥子/徳永えり/岸部一徳/富司純子/他【公開日】2006/9.23【製作】日本【ストーリー】昭和40年。エネルギー革命により需要は石炭から石油へと移り
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・時間の都合で邦画の「フラガール」。予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
「フラガール」評価 ★★★★★★★★★★(絶対的賞賛作品)『あらすじ』 昭和40年、福島県いわき市。炭坑町として賑わいを見せるも時代の移り変わりより石炭から石油へとエネルギーの需要は移ってゆく。そんな町で暮らす高校生の早苗は、通学路で見つけた「ハワイア..
こんにちは。曇り、時々雨の水曜日です。今日は、先週の金曜日 一足先に なかのZEROホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、李相日氏監督、松雪泰子さん主演の新作映画について。『 フラガール 』 ( ‘06年 日本 )《 STAFF 》監督 : 李 相日脚本 : 李
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
未来をあきらめない製作年:2006年製作国:日本監 督:李相日出演者:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/岸部一徳 時 間:120分[感想]フラガールたちのひたむきさに泣けた。久しぶりに映画みて泣けた。全然期待せずにいったらヤラれた!!って感じだったわよ。こん
※映画の核に触れる部分もあります。鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。「まいったな。まさか、李相日監督の映画で涙が出るとは思わなかった」----『69 sixty-nine』のこと、いつもよく言わなかったものね?でも、これもあの映画と同じ60年
見てきましたw良かった{/ee_1/}期待していたより良い映画でしたよ~{/face_naki/}何度もうるうるさせられました。内容がしっかりしている映画で、演出もキャストもバランスが良かったです。いつの間にかどんどん引き込まれてしまいました。「シックスティーナイン」のパワ
■観賞日:2006年9月25日■観賞場所:川崎チネチッタ■感想など実話を元にした作品常磐ハワイアンセンター(今は、スパリゾートハワイアンズ)誕生にまつわる、地元の炭鉱で働く人たちとハワイアンセンターで踊るフラガールたちの感動のお話最近、涙もろくなったのかな...。自
監督 : 李相日出演 : 松雪泰子 / 豊川悦司 / 蒼井優脚本 : 羽原大介 (パッチギ)公式HP:http://www.hula-girl.jp/index2.html予想外に感動的な良い作品でした☆ボロボロ泣いちゃった・・・思わずフラダンスを習いに走りたくなります(笑)・・・ 原作は、小..
昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。「求む、ハワイアンダンサー」の貼り紙を見せながらここから抜け出す最初で最後のチャンスだと、 早苗は紀美子を誘う。今や石炭から石油へとエネルギー革命が押し寄せ、閉山が相次いでいる。この危機を救うために炭鉱会社が構想したのが
「いくぞ! フラガール!」ハワイアンのメロディと、情熱的なフラダンスに、魅了されっ放しの約2時間。身も心もすっかりハワイの気分です。(笑)東北発の炭鉱娘のハワイ行き物語は、実に面白くて、嬉し泣き・悔し泣き…、涙、涙のサクセスストーリーで、私たち観客も、彼女
個人的にはここ数年でベスト。9月23日公開、李相日(リ・サンイル)監督最新作『フラガール』に涙止まらず。オレがチケット代出してでもみんなに観てほしい傑作なので、長いけど読んでくれろ。  フラガール昭和40年、石油の登場でいわきの炭鉱は閉鎖寸前。そんな炭鉱町が
映画館にて「フラガール」昭和40年、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描く。「黒いダイヤ」ともてはやされた石炭の時代も終焉を迎えつつあり、危機的状況にある炭鉱の町。元SKD
ダンス教師と少女達の友情と成長を、歓びと癒しのハワイアンミュージックの爽快なサウンドで贈る、ダンスムービー『フラガール』を観てきました。もうねぇ、こんなに感動と興奮したのっていつ以来だろう?
 今日は邦画お得意の”ちょっといい話”シリーズの新作、「フラガール」を観てきましたよ~。 昭和40年、炭鉱が下火になった福島県いわき市が舞台。 石炭から石油へと燃料の需要が変わり炭鉱が次第に縮小されつつある炭鉱町。 そこで市は街の再生のために観光施設”常
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に描かれた物語です。
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に描かれた物語です。
試写会、26日そごう会館にて。 最初はそないに期待してなかったんですけど けっこう泣いちゃいましたね~。 話が進むにつれてぐいぐい引き込まれました。 ・・・大阪ならではのパロディポスター。 シネリーブル梅田にお越しの際は現物見れます。 ・・・こういう仕事は痛い
炭鉱が出てくる映画にはいい映画が多いんです!以前、めちゃめちゃ好きな作品「リトルダンサー」の感想を書いたときに、「フル・モンティ」「遠い空の向こうに」「ブラス」を勝手に「炭鉱4部作」って書きましたけど(笑)この映画も内容聞いてもしや?っ...
  「フラガール」公式サイトあやうくスルーしそうになった。。。!気づいてよかった。。。昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイ
数々の賞にノミネート&受賞。2006年度邦画ナンバーワンの呼び名も高い、ものすごい映画。大の男が、何度も泣きました。
『フラガール』を観てきました。今年何本かあったどうしても観たい作品のうちの一つです。上映館も少ないので初日に観ちゃいました。レイトショーにもかかわらず満席でした。ストーリーは、日本は高度成長期。エネルギーの需要は黒いダイヤ石炭から石油へとシフトしていき、

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。