CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEATH NOTE デスノート前編

289.jpg


http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/

期待しないで行ったのが幸いしたのかなんなのか。
かなり面白かったこの映画。
あり得ない物が存在し、それを利用することによって制裁を下していく主人公。

途中、途中でなるほど!と思うその利用方法に主人公の頭の良さを感じずにはいられないのだけど、デスノートを利用すればしていくほど主人公の本来の意味と大きくゆがんでいってしまう実情。
最後の方にはここまでしちゃいますかーーー(@_@) とすごく驚いちゃった私。
法で裁ききれない悪の存在にやりきれない気持ちから始まった主人公のその気持ち。
デスノートを支配している主人公なのか、それともいつの間にかデスノートに支配されるようになってしまったのか。
そのあたり、ちょっと虚しい気持ちになってくる。

そしてその主人公と相対する立場と言える「L」の登場。日本人だったことがびっくりでもある「L」
この人が登場したときに、マンガは読んだことがないけども絶対に原作もこんなビジュアルに違いない!というような出で立ちだった。
(実際に読んだ事がある人はそっくりだったといっておりました)
ちょっとこの人気持ち悪いのね(=_=)
なのでどうしてもキリっとしている主人公の方に気持ちが入りがち。
まぁ執事のおひょいさんはおひょいさん以外の人は考えられないかなぁ~という気もするのだけど。

確かに主人公はもう自分のいく手を阻む奴は・・・という感じで、デスノートでの「死」を乱発してしまっている。
既に手は出せない状況にまでなっているのではないかと思うのだけど、それでもなぜかどうも私はこの主人公を悪い奴とは思えないのはどうしてなんだろう??

後半にはあのへんてこなアイドルも加わってきて更に波乱が起きそう。
いったいどう展開していくのか??とっても楽しみ!

スポンサーサイト

コメント

★ ハマリ役

HISAYOさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分も漫画読んでましたけど、藤原竜也ライトも松山ケンイチLも結構合ってたと思いますよ。ワタリ役のおひょいさんなんてドハマリ役ですね。合ってない所を探すのが逆に困難でした(笑

へんてこアイドルミサミサも後半でデスノート使ってやっと活躍しそうですし、11月の気になる映画もやはりデスノートですね。

★ TBありがとうございました

こんにちは♪
原作を読んでおられない方のとってもフレッシュな感想、ありがとうございます!
原作とは脚本が違っていたのもなかなか面白かったです。
後編はいったいどうなるんでしょうか?映画独自のエンディングが用意されているらしいので楽しみです~。

☆メビウスさん
原作読んでいらっしゃる方がすごく多くてやっぱりそれほど人気のものなのだなぁ~と実感中の私です。
そしてあの配役はやっぱりあっていたんですねー。
後半はどうなるのか?先日スーパーマンリターンズを観に行って初めて後半の予告をみたんですけど、よけいに期待感が増しました(^^)
11月が楽しみです!

☆ミチさん
原作と脚本はけっこう違っていたんですか?
ながい連載みたいですからやっぱり同じようにはいかないですよね。
原作とは違うエンディング・・・どんなのなのでしょう?なんか原作を知らないのにそれだけでも期待しちゃう感じです(^^)

★ 和菓子・駄菓子・中華菓子

和菓子・駄菓子・中華菓子を探すなら http://www.mladickrealty.com/100227/509708/

★ 30代,40代の転職組のキャッチフレーズ

キャッチフレーズとは、広告などで相手の印象に残るように、メッセージをコンパクトに伝える工夫が凝らされた短文のことをいう http://manufacture.photobycolin.com/

★ コンロ研究所

コンロの検索サイト。ガスコンロ、バーベキューコンロ、電気コンロ、カセットコンロ、カバーなどコンロに関する各種情報をお届けしています。 http://news0.tallmadgetitan.com/

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

原作コミックのことは全く知りませんでしたが、劇場予告編の雰囲気や、デスノートという悪魔のツールをキーアイテムにした犯罪スリラー、天才的犯罪者と天才的探偵の頭脳戦というふれこみにはかなりそそられました。キャスティングも主演・藤原竜也くんに香椎由宇さん、瀬戸
「週刊少年ジャンプ」で連載されていたマンガを実写化した作品。書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる不思議なノートを一人の青年が拾った事から始まる物語です。
見応えと眠気が同居した曖昧な映画。原作を知らない人にはつまらないかも・・・
評価:65点DEATH NOTE デスノート 前編印象としては、非常に惜しい。原作も面白いんですが、それに加えられた映画オリジナルの展開は中々面白いと思います。映画オリジナルの南空ナオミの基本的な展開は、個人的には原作よりも好きです。ただ、全体的に見せかたが下手だ
----この映画、前後編に分けて公開だって?珍しくニャい?「うん。この方式、昔は日本映画にもけっこうあったけど、最近では見かけなくなったね」----原作がコミックで11巻だっけ。長いからかなあ…。「そう。これは『ダ・ヴィンチ・コード』と同じだね。謎解きや推理をバッ
近所の映画館の招待券が当たったので、昨日に引き続き一人で映画を観てきました。今日は「DEATH NOTE デスノート 前編」です。小学生から高校生に混じっての鑑賞です(ちょっと居心地が悪い)。私の座った列には私の隣に高校生くらいの男の子が一人で座っている
「DEATH NOTE~前編~」は人気コミック「DEATH NOTE」を実写版にした作品で、天才大学生がある日偶然に拾ったデスノートは名前を記載するだけでその人物を殺す事ができる殺人ノートを手にした主人公が次々と法で裁けない犯罪者をノートに記載して殺していくストーリーである
 名門・東応大学で法律を学ぶエリート大学生、夜神月。将来を嘱望される彼ではあったが、法による正義に限界を感じ、激しい無力感に襲われていた。そんな時、彼は黒い表紙に『DEATH NOTE』と書かれた一冊のノートを目にする。そこには、“このノートに名前を書かれた人間は
★★★★  原作がコミックということは知っているが、まだそれは読んでいない。映画を観れば判わかるが、原作はあと回しにしたほうが良いだろう。 そうしないと、ハラハラドキドキはもちろんのこと、綿密に用意されたデスバトルと、どんでん返しの連続技を十分に味わうこ
CAST:藤原竜也、松山ケンイチ 他同名の人気コミックの映画化。大学生の夜神月(藤原竜也)は、ある日一冊のノートを拾う。そのノートは、そこに書かれた人が必ず死ぬという死神(リューク)が落とした物だった・・・・まぁ~ったく前知識無しというか、予告編での知識のみ
累計1500万部突破の大人気コミックの映画化。もちろん!!コミックのほうでも読んでるファンでありますw若干、原作とは違った展開するんですが、面白いっっ原作を知らなくても楽しめる、引き込まれちゃうと思います!
原作は読んでいません。って言うか、「 デスノート 」って言う”存在そのもの ”を全く知りませんでした!1500万部突破の大ベストセラー・カリスマ・コミックなんですね!最新刊12巻は7月4日の発売だそうですね!何~にも知りませんでした!「 週間少年ジャンプ 」
先行オールナイトに行ってしまった~{/face_warai/}少年ジャンプのコミックにハマってしまったのはこれが最初で最後{/face_nika/}以前も書いたことだけど、こんなに面白いとは{/kirakira/}と。。。(ジャンプの連載じゃなく単行本で読んでます☆) コミック原作{/fuki_suki
『DEATH NOTE』公開:2006/06/17(06/17)監督:金子修介原作:大場つぐみ    『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)     小畑健 (作画)出演: 藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、津川雅彦、藤村俊二、鹿賀丈史名門・東....
「ジャンプ」の連載コミックの実写映画化作品。「ジャンプ」いや、漫画本なんて、ここウン十年買ってないひらりん。まぁ、話題作なので観てみる事に・・・。
コミックで言えば、3~4巻までくらいでしょうか?この分だと、後編は月(ライト)とL(エル)の対決で終るのかな~?どうせなら、映画版オリジナルのラストでもおもしろいかも・・・。実は、私はデスノ-トを知らなかったのですが、昨年、ネットで知り合ったお友達に教えても
ひとりの天才がそれを手にしてしまった。頭脳戦を制するものが、新世界を制す。CAST:藤原達也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/藤村俊二/鹿賀丈史 他■日本産 126分原作の漫画を読んだことないから変な先入観がなく、結構おもしろかった。2時
【監督】金子修介【出演】藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/藤村俊二/鹿賀丈史【公開日】2006/6.17【製作】日本【ストーリー】退屈な死神が人間界に1冊のノートを落とし、退屈
映画館にて「DEATH NOTE デスノート 前編」大人気コミックの実写映画化。コミック版は私も読んでいて大好き!前編は3巻半ばくらいまでの内容(11巻まで発売中)で、映画独自のキャラも登場している。ストーリーは、書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる“デスノ
緊迫度[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]    2006/06/17公開   (公式サイト)CG度 [:結晶:][:結晶:][:結晶:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:]満足度[:星:][:星:][:星:]  【監督】金子修介【脚本】大石哲也【原作】大場つぐみ/小畑健(漫画) 
  そのノートに名前を書かれた者には、死が訪れる。 天才的な大学生、夜神月(藤原竜也)は、偶然、DEATHNOTEと書かれた不思議なノートを拾う。 将来、警視庁に勤める事を本望としていた彼は、法の限界を感じており、網目を潜り抜ける犯罪者た...
人気コミックの実写映画化。予告編を見たときから、面白そうだなと思っていたのですがなかなか観に行く時間がなくやっと観に行ってきました!コミックの方は、まったく見た事がありません~。名前を書くだけで人を殺すことの出来るノート。。。そんなのあったら恐い...
 公式サイト映画 『 DEATH NOTE (デスノート) 』 [試写会鑑賞]2006年:日本 【2006/06/17[前半]・10月[後半]ロードショー】監 督:金子修介原 作:大場つぐみ 漫 画:小畑健  大場 つぐみ, 小畑 健 DEATH NOTE (1) [ キャスト ]藤原竜也松山ケンイ
2006年度 日本作品 126分 ワーナー・ブラザース配給STAFF監督:金子修介原作:大場つぐみ、小畑健 『DEATH NOTE』脚本:大石哲也CAST藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、細川茂樹、藤村俊二、鹿賀丈史■STORY名門大学で法律を学ぶ夜神月は、黒い表紙に『...
なんと邦画・・・子供たちにも驚かれちゃった。実は、結構、藤原竜也くんファンなのです...それと【L】役の松山ケンイチくんがすご~く気になって、ドラマで見た彼とあまりにも違うから、どんな風に演じてるのか

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。