CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード

291.jpg


http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/

あまり本を読まない私が珍しく読んだ本が原作となり、映画化された1本。
主人公にジョージクルーニーの名前もあがっていたのだけどねぇ。実際はトムハンクスでした。
なんかソフィーもオドレイちゃんのイメージでもないかなぁと思うのだけど・・・。
ので俳優陣としてはポールベタニーの一人S○なそのシーンが強烈な印象として残った私は、いちばん印象深いのは彼!となってしまっているのねぇ(^^;;;←間違い、間違い。

でもあれだけの本を2時間ちょっとにまとめてそれなりに話しも分かるようになっていたのでそれはそれでなんか納得。
つまらないーって訳ではなかったのでよかったかなーと。
・・・実際に見た割にはなんか他人事のように感じられるところはこの映画の魅力なのだろうか??(^^;

でもこれは映画全般に言えるかなーと思うのだけど、映画というものの良いところはビジュアルで楽しめちゃうところですかね。あのルーブル美術館の中の絵を実際に映してくれたので原作を読んで、どんな絵だろうか?と思っていたので映像で解明。
その辺はすっきり。

その後はねぇ・・なんかボーンアイデンティティっぽいなぁ~なんて思ったところもあり(小さい車で街を逃げ回るところだけかもしれないけど)うーん・・ま、こんなものかなぁ・・とか。なんというか、全てにおいて「なんというか」

全てにおいてまとまっているようで実のところ全然まとまっていない感じの映画という気もしないでもない。
結果、私の中でそのうち忘れてしまう映画ランキング1位に今のところ君臨中でございます(^^;
というか、ほぼ忘れました。

それにしてもこの映画を観る限り、モナリザはあの微笑みになにか隠していたことになるのかな~??

スポンサーサイト

コメント

★ TBありがとうございました。

この作品は、小説を読んだ人が脳裏に浮かんだビジュアル・イメージを確認する映画かなぁ、と思っています。
ただ、キャスティングに関しては総じて微妙かと(苦笑)。
小説読み直してもう一度観に行こう!
――と思っていたのですが、そろそろ公開終了ですね。
間に合いそうもありません・・・。

★ TBありがとうございます。

こんにちは。TBありがとうございました。
私は映画を見た後に原作を読みました。
映画は展開が早すぎてすぐに忘れちゃいましたけど、原作はとても良かったです。
映画の方は、誰に聞いても不思議なくらい記憶に残ってないみたいですよね。こういうのも珍しいです。
でも、今年一番の話題作ってことで、押さえておいて良かった作品ではありました。

★ 首かしげ

HISAYOさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分も原作を読みましたが、やっぱり端折ってる所が多かったので既読者としては何とも首かしげな作品でした。でも未読の方が観ると、それはそれで意味が分からない所が多すぎるだろうし、結果的に既読・未読どちらにも印象があまり宜しくない作品のようにも思えちゃいましたね(汗

今となっては良く纏めたな~とも思ってますけど(汗

★ TBありがとうございました

こんにちは♪
>でそのうち忘れてしまう映画ランキング1位に今のところ君臨中でございます(^^; というか、ほぼ忘れました。
ウケました~!
話題作だったのですけどねぇ。
「天使と悪魔」もラングドン教授はトム・ハンクスで撮るということですし、また話題になるでしょうね。
そしてまたすぐに忘れてしまいそう~(汗)

★ No Subject

☆エクスカリバーさん
こちらこそTBさせていただいてありがとうございました。
キャスティング・・・なんか全体的にどうなのって感じですよねぇ。
私はあの黒幕だった人もかなりイメージが違いました。
小説を読み返すと更にここはこういう感じで表現したのねーという
新たな発見はありそうですね。
でもやっぱり2回は観ないでしまう映画かなぁと思います(^^;

☆まりさん
得てして原作の方がと言われてしまうものが多いですけど
これは特にそうだって感じですよね~(^^;
確かにこの映画、結果的に感想が・・・というのは置いておいても
やっぱり押さえておきたい映画ではありましたね。
大作って感じだなぁ~とは思いました。


☆メビウスさん
既読者の友人が狐につままれたみたいな気持ちになると言っていてなるほどー♪
その表現「あり」よねーと思いました。
あのラストのトムハンクスの気がつきがあまりにも唐突なようなきがしちゃったのは
やっぱり原作ほどは丁寧に描かれていないからなんでしょうねぇ~。
あれほどのベストセラーはやっぱり映画化してはいけないってことになるのでしょうか(^^;

☆ミチさん
ウケていただいてありがとうございます~(笑)
ほんと、話題作中の話題作でしたよね。
でも日本人の私たちにはあのキリスト教の信仰心みたいなものが余りよく分からなかったのかなとも思いますが。
そして「天使と悪魔」も映画化されるんですかーーー(@_@)
懲りないわ~。でもヒロインがだれになるのかはちょっと気になるんですけどね。

★ NoTitle

http://cyberdoll.seesaa.net/article/18257274.html
これもTB送信ができませんでしたので
すいませんがURLを貼らせていただきました。

ものすごくめまぐるしい展開で
本来原作のもつミステリーだの謎解きだのは
思いっきりすっ飛ばされてしまいましたが
海外旅行にでも行った気分で主人公たちといっしょに
旅をしながら、
信者でない人間がキリスト教云々にふれるには
十分楽しめる作品だったかと思います。

★ 確かにめまぐるしい

イマイチ理解出来ないところがあちこちにあったりして、なんとなく不思議な展開のままどんどん話が進んでいくという感じでした。
確かにミステリーな部分はねぇ・・・。
でも大ヒット。やっぱり原作の力のおかげなのでしょうか?

★ 婚約指輪(エンゲージリング)

婚約指輪(エンゲージリング)を探すなら http://www.saturnalbany.com/216129/206952/

★ 陶芸家を目指して30代,40代で転職

陶芸家は、巧みな磁器づくりの技術を身に付けた工芸芸術家 http://sharp2.sentesag.com/

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

全世界同時公開という触れ込みの作品です。早速初日に観に行ってまいりました。感想はというと・・・う~ん・・・(苦笑)。ストーリーは概ね原作通りですが――と言っても、謎を解きながらあちらこちら動き回るのは随分省略されていますし、何人かかなり大胆に設定を変えら
評価:55点ダ・ヴィンチ・コード公開前に悪い噂しか聞かなかったので、かなり心配していたのですが、そこまで悪い映画でもないと思いました。まぁ、よくもないんですけどね。この映画は、例えるならば、「超豪華チャーター機で行く!パリ0泊2日の旅!!」って感じです。
ルーヴル美術館で起きた殺人事件に隠された謎を解く物語です。
今年最大の話題作。公開日に見ましたが、やっと書くことができました^^;キリスト教のタブーを題材としているので、公開前から賛否両論のこの映画。見る前からちょっと不安もあったんですが・・・。監督:ロン・ハワード出演:トム・ハンクス  オドレイ・トトゥ  ジャ
話題作なのは当然かもしれませんが、まさかこんなに大賑わいになるとは思ってもみませんでしたヨ。この映画ってそんなに期待の作品だったんですか?それとも原作のパワーが絶大なのかな?お昼頃に行ったら既に夜の回まで残席僅かという状態でチケット売場大混雑。3劇場で10
監督:ロン・ハワードCAST:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニーフランスに滞在していたハーバード大のラングドン教授(トム・ハンクス)は、ある夜ルーブル美術館の館長と会う約束をしていた。しかしその夜館長は、
甘かった。。。。これほど原作を読んでから観れば良かった~。と思った事もそうない。いつも原作を読まずに、なるべく前知識ナシで観るワタシですが、、、、読んだ人は皆面白いというし、原作読まずに観ると難解と聞いてたのでちょっとは不安だったんだけど。。。読んでたら
私は例によって無謀にも原作を読まずしてこの作品に挑んだ。原作に忠実であるらしいとのことなんで、ある意味それなりに話を知らなくても理解は出来るようになっているとは思った。しかし予想通り内容は濃く、サスペンス仕立てでしかも展開が早いので話についていくのはやっ
原作を買ったのに、まだ読めていないし、映画のほうは、行くなら原作を読み終わってからとなんとなく決めていた。だけど、お友達からチケットをいただいたので急遽、初日に観に行くことに。? ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。 ?...
ダ・ヴィンチと 暗号と 薔薇…
監督:ロン・ハワード出演:トム・ハンクスオドレイ・トトゥイアン・マッケランアルフレッド・モリナジャン・レノ ポール・ベタニー ほか「ダ・ヴィンチ・コード」原作は前に読んでました。省略や変更されてる部分も多少ありましたが、ここまで原作に忠実に作られていて、
《ダ・ヴィンチ・コード》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - THE DA
2006/アメリカ監督:ロン・ハワード出演:トム・ハンクス   オドレイ・トトゥ   イアン・マッケラン   ジャン・レノ   ポール・ベタニー   アルフレッド・モリーナ全世界同時公開!っていってたけど、フィリピンでは18日に公開されてるじゃん[:ぶー:]以下
原作は前に読んだんですが、上巻は面白く読め、下巻になるとなんだか実は!実は!みたいなどんでん返しと「暗号」の必然性にムリがあるんじゃ?って感想。途中で物語の真相も読めてしまったし・・。原作が世界的にヒットした理由の一つには、世界でもトップク...
『THE DA VINCI CODE』公開:2006/05/20(05/20)監督:ロン・ハワード原作:ダン・ブラウン    『ダ・ヴィンチ・コード』(角川書店) 出演: トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ、ジャン・レノ、ポール・ベタニーある日、....
 ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺害される事件が起こる。遺体は奇妙な体勢で横たわり、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。フランス司法警察のファーシュ警部は、講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授ロバート・ラングドン
私は映画ブログをやってはいるが、映画好きか?と聞かれたら「見るのは好き」としか答
やっと読み終わった、『ダ・ヴィンチ・コード』の原作。長かった…。映画を見た時のダ
【監督】ロン・ハワード【出演】トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/ジャン・レノ/ポール・ベタニー【公開日】2006/5.20【製作】アメリカ【ストーリー】閉館後のルーヴル美術館に、ダ・
ジーザス・クライストは神なのか人間なのか・・・結婚していたのか、そして子供は・・・?「ダ・ヴィンチ・コード」に関する特番がいくつかあったが、前日の「土曜プレミア」を観て‘ダ・ヴィンチ・モード’で映画に臨んだ訳だが・・・ベストセラー小説、大々的な宣伝....
「The Da Vinci Code」2006 USA監督と脚本は「ビューティフル・マインド/2001」のロン・ハワードとアキヴァ・ゴールドマン。原作はダン・ブラウン。主演のロバート・ラングドンにトム・ハンクス、ソフィー・ヌヴォーにオドレィ・トトゥ、ベズ・ファーシュにジャン・レノ、
映画ダ・ヴィンチ・コード オフィシャル・ムービー・ブック角川メディアハウスこのアイテムの詳細を見るついに、私も『ダ・ヴィンチ・コード』観に行きました!!!公開後、世間の評判は、「小説の方がよかった」とか、「省略が多いから“どうしてそうなるわけ?”っていう
ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。■監督 ロン・ハワード■脚本 アキヴァ・ゴールズマン■原作 ダン・ブラウン(「ダ・ヴィンチ・コード」)■キャスト トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ□オ
いろんな意味で話題の大作!観て来ました!!私は、原作を読んでいるので、まあ~、あれだけの内容を2時間30分におさめるのはかなり無理があるだろうからそれなりに良く出来ていたように思いました。内容を知っているので、もともと謎解きにドキドキするわけではないけど、
5月20日全世界同時公開!! 大々的な宣伝に単純な私は以前からかなり踊らされておりましたw結果、、、かなり私が好きなタイプの映画ですね。大体は面白かったです!!だけど、、、予告で見たときの予想通りの犯人・・・・・・_| ̄|○ まぁ、犯人探しだけがこの作品の
2006年最大の話題作をやっと観て来ました。世界中で賛否両論の宗教絡み映画なので・・・。キリスト教信者じゃないから、気楽に見れるので・・・日本でも、ヒットは確実かなっ。
ダ・ヴィンチ コード[:映画:]を見てきました。(ネタバレのとこもあるかもしれません) わりと映画の評判は辛口ですが、私はまずまずというか、言うほど悪くなかったし、ある意味楽しめたなと思いました。 普段映画を見る前にほとんど原作を読まないのですが、今回はベス
 「ダ・ヴィンチ・コード」公式サイト 公開前どころか、映画化になる前から話題になっていたこの映画、やっと観てきました。  これって原作本のダイジェスト版?      きっと原作を読んだ人で映画を観たらそう思う人多いんじゃないかなぁ
面白かったです!頭が痛くなるほどに難解なのかと思ったら、そうでもなく…深く考えてないから?宗教の奥深さは完全に無視した感じですが。なので薄っぺらく上辺だけを、謎解きサスペンスとして楽し
読んでから観るか、観てから読むか、それが問題だ。少しだけネタバレあり。原作がベストセラーである映画の場合、どちらか迷うものだ。映画化が決定していない時点で本を手にした場合は別として、映画化か決まっている場合、観るまで待とうか、先に読んで予習しようか迷う。
 本当に失笑を起こすためにはオドレイ・トトゥではなくモニカ・ベルッチを登場させるべきだ。
映画館にて「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウンの同名小説の映画化。カンヌ映画祭のオープニング上映(プレス向け)で拍手がなかったなど話題をまいている大作がいよいよベールを脱いだ。ルーブル美術館館長の死体が発見され、そこに残されていた不可解な暗号を宗教象徴
原作は読んだことないですが、あらかじめ予習して観に行きました。 緻密で先の読めないスリリングな展開で、最後まで一気に見入ってしまいました。 名画に秘められた謎や、キリスト教に関する独自の仮説はとても興味を引かれ、最後までとても楽しめました。
ちょっと遅い?『ダ・ヴィンチコード』Yちゃんと観て来ました。本も読んだし、トム
  モナリザはその微笑みの奥に何を隠したのか。 今週末・・・最も皆が観に行った作品は、この作品でしょう。 初日、9時には有楽町の日劇に着いて二人分の座席を確保しました。(今回は珍しく一人では無く・・・サークル時代の後輩、S嬢と行って...
今日はたぶん某テレビ番組で当選した 『ダ・ヴィンチ・コード』の試写会に一足お先に行ってきた! 《私
2006.5.18 日劇1にて 昼ごろ日劇1へ指定席の引き換えに行くと、かなり席は埋まっているようでした! ソニービルはさすがに『ダ・ヴィィンチ・コード』モード! ソニービルに展示されている「モナリザ」を一応見て・・・。 本日はジャパン・プレミアのよう

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。