CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷い婚-すべての迷える女性たちへ-

325.jpg


http://wwws.warnerbros.co.jp/rumorhasit/

邦題がきっとなんか間違っているような気がするこの映画。
ジェニファーアニストンの魅力満載でございました(^^)
絶対にこっちだと思うぞ、ブラピ!と未だ思う私ですが、ジェン自体がもう吹っ切っているらしいのでよけいなお世話かなと。

映画「卒業」を見ておくと更に楽しめる映画だと思う。(私は未見)
おばあちゃんともお母さんとも関係をして男、ケヴィン・コスナー演じるボー・バローズに惹かれてしまったジェニファー演じるサラ。
自分にはとっても愛してくれている婚約者である弁護士ジェフがいるのだけどねぇ~。
婚約者自体に不満はないものの、結婚自体に迷いを感じ、そしてつい、人生の酸いも甘いも全て知っている大人中の大人。ボー・バローズに惹かれ、自分もそういう関係になってしまう。
血は争えないというのかなぁ??同じ人に親子3代で関係って・・・(^^;;;
というか、さすがケヴィン・コスナーっていう感じかも。だって、素敵だもーん♪

結局のところは落ち着くところに落ち着く感じなのだけど、まぁ結婚前にこういう一騒動があったほうが、今後迷いなく愛するご主人との結婚人生を全うできるのではないかなぁ~とも思う。
それにこの騒動中に、父親と娘の愛情。姉妹の愛情。祖母と孫の愛情。両親間の愛情。
そして何よりも婚約者への愛を確かなものにしたサラは今後幸せになれることでしょう~(*^O^*)

軽いタッチで見られる楽しいラブコメって感じでお気に入りの1作。

スポンサーサイト

コメント

こんばんわー!TBありがとうございましたi-179
親子3代って...あり?!と思っちゃいましたけど結婚前の憂鬱みたいなのはきっと誰にでもあるんだろーなーと思いながら見ていました。
邦題...確かにちょっと狙いすぎですよね。

★ TBありがとうございました

こんにちは♪
久しぶりのラブコメだし、ケヴィンだし、楽しめました~。
でも、冷静に考えると、親子3代同じ人と関係を持ったんですよね~(汗)
ありえないーーーー(爆)

☆akkyさん
こちらこそTBさせていただきありがとうございました♪
親子3代と関係を持てる「ボー・バローズ」いろいろな意味で若いですよねぇ~e-317
邦題・・・私は今のところ今年1番の納得いかない題名だったりします。
☆ミチさん
私もラブコメ好きなので楽しめました~。ハッピーエンドでしたしねー♪
あの彼、ビジュアル的にもう少し私好みだともっと良かったんですけど。
なのでケヴィンだもの、よけいよねぇ~と納得してしまったのかも。

こんばんは☆TBありがとうございました。

私もアニストン派!ふふふ♪
この作品は意外にも?楽しめちゃいましたー。
たまにはこういうのもイイナ、って感じでした☆

☆きららさん
こちらこそTBさせていただきありがとうございました。
きららさんもアニストン派なんですねー♪
私も絶対に絶対にそうなんですー。あっちの二人が嫌いになるほどに(^^;
私もこのお話なんか「いいな♪」という気持ちで映画館を後にしました。

★ アイススケート

アイススケートを探すなら http://www.kyoto-shagei.com/101070/407944/

★ スポーツジムナビ

スポーツジムの検索サイト。東京、大阪、名古屋、福岡、札幌などスポーツジムに関する各種情報をお届けしています。 http://star.stuartmembery.com/

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

飯島直子か長谷川京子主演のTBSドラマみたいな安っぽい邦題になっちゃってるけど、れっきとした名監督 ロブ・ライナーの最新作{/hearts_red/}(「スタンドバイミー」や「恋人たちの予感」そして「ミザリー」の、ね☆)そして主演はこれまでも主演映画で大当たりした事がない
----『迷い婚』こんな言葉本当にあるの?。「さあ、どうだろう。少なくとも一発変換はできなかったな。でも文字から想像つかない?結婚に迷うってお話だよ」----えっ?それってどういうこと?「うん。なかなかユニークな設定なんだけどね。主人公は恋人からのプロポーズに『
 映画『迷い婚』には裏話があってな・・・実はケヴィン・コスナーの役はホリエモンがモデルなんじゃよ。
『迷い婚』といっても、別に私が迷ってるわけじゃありませんが(笑)・・・。同じ年頃の女性なら、誰でも抱える悩みの一つ。『フレンズ』で人気者になった、ブラッド・ピットの元奥さん、ジェニファー・アニストンの最新作です。知的で優しくて、ユーモアもある理想の恋人か
映画「卒業」のモデルが自分達一家だった…?サラの母は結婚式直前に連れ去られた花嫁で、サラの「母の母」は花嫁を連れ去った青年を誘惑したあの「ミセス・ロビンソン」??{/face_nika/}あの有名な曲「ミセス・ロビンソン」とっても久々に聞いたわ♪映画「卒業」の内容を
30代のサラは、恋人ジェフのプロポーズを受けてから気が滅入る一方。まだ中途半端な自分のキャリアをはじめ、結婚が自分の可能性すべてを閉ざすことを恐れているのだ。そんな中、妹の結婚式で久しぶりに故郷に戻った
ジェニファー・アニストン、ケヴィン・コスナーシャーリー・マクレーン主演サラはニューヨークタイムズで死亡記事欄を担当しているキャリア・ウーマン彼女には婚約者ジェフがいますが なかなか結婚する気にはなっていませんサラの妹が結婚し挙式があるので カリフォルニア
映画館にて「迷い婚ーすべての迷える女性たちへー」結婚前の女性の微妙な心理状態を描いた、ちょっとコミカルでハートウォーミングなラブストーリー。サラ(ジェニファー・アニストン)はプロポーズを受けた瞬間から不安に襲われとてもナーバスになっている。妹の結婚式のた
 「迷い婚」公式サイト「スタンド・バイ・ミー」「恋人たちの予感」のロブ・ライナー監督作品。そして「フレンズ」のレイチェル役、ジェニファー・アニストン主演作品です。30年前パサデナで物議を醸し出し、後に映画化された小説「卒業」のモデルが、自分の母と祖母だった
自分の家族が1967年の映画「卒業」のモデルだったなんてぇ~~!という、興味津々の作品でしたが期待していたほどではありませんでした、、、題材としては、かなり興味をそそる作品だったのですが、、、祖母、母、が関係があった男と娘もなんて~!主演のジェニファ...
結婚を控えた女性の迷いや不安といった微妙な心情が見事に描かれています。 その女性の心情を見つめたリアルな設定と、『卒業』のモデルが自分の母と祖母だったというコミカル設定を絡めた軽妙なストーリー展開は見所です。
1967年の映画「卒業」と その後がストーリーの軸。ありえない設定 って言うか あってはならない関係 に少々驚く!可愛い過ぎるおばあちゃん=シャーリー・マクレーンあってはならない関係を築くおじさま=ケヴィン

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。