CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモメ食堂

300.jpg


http://www.kamome-movie.com/

面白かった。いつまでも観ていたい。そんな気持ちにさせてくれる映画だった。
ヘルシンキという町の美しさ、清潔さ。そしてゆったりとしたその空気もかなーりよくて♪
映画に登場しているキッチン用品や洋服。小物なんかもとっても可愛くてそう言うところを見ていても飽きない感じ(^^)

お話自体もきれいに時間が流れていくその中で小さな幸せみたいなものがあちこちに散らばっていて、なんとなーく今日もいい日♪と思えるような幸福感がもらえる気がする。

小林聡美演じる主人公のサチエさんの肩に力を入れないその生き方に憧れを抱き、ガッチャマンの歌をフルコーラスできる片桐はいり演じるミドリのその木訥さもいい。
フィンランドで食堂を始めたそのさらっとした理由がまたいいし、その割にはきっちりフィンランド語を習得しているところがこれまた素晴らしいサチエさん。
ミドリさんは日本で何か嫌な事があったのかなぁ。どうしてもはどうしてもだからとヘルシンキにきたその理由。そしてちょっと涙もろいそんなところに日本を脱出してきた彼女にがんばれーとエールを送りたくなる。
そしてもたいまさこ演じるマサコさんのゆっくりとしたペース。何事にもたいして動じることがなく、初対面の言葉が通じないフィンランド人と話し合えちゃうその大きさ。
今までの人生で培ったものだろうなと思う。
サチエさんもミドリさんもちょっと年配となるマサコさんに良い意味で依存する気持ちがあるのかなぁと(^^)温かい気持ちにさせてくれるマサコさんはやっぱり素敵。

カモメ食堂がとうとう満席になったときはこちらも惜しみない拍手を送りたくなった。
それもサチエさんの「いらっしゃい」のその意味の広さ故かなぁ~?
この映画のラストを締めくくるにぴったりの「いらっしゃい」だったと思う。

実際には物価の高い北欧の町でこんな風に暮らしていけるの?旅行者としてここにきて、こんな風に暮らすように働けちゃうものなの?日本での生活はいいの?なんていろいろとつっこむ要素はあると言えばあるのだけど、ま、そういう話はいいじゃない。この映画を楽しみましょうよ(^^)と笑顔で言えちゃうそんな感じがとーってもいい。

おにぎりが食べたくなってコーヒーが飲みたくなる。そんなこの映画の続編は作られないのかなぁ~??

スポンサーサイト

コメント

北欧って実際には物価が高いんですか?
ということは、この映画は一種のファンタジーですね。

★ TBさせていただきありがとうございます

北欧は物価高いですー。一度旅行したことがあるのですけどもかれこれ10年近く前なのにたばこがひと箱700円以上していた記憶があります。
税金が高いからみたいですが、その分しっかりいろいろなところに還元されていてすごくきれいな国でした。

★ TBありがとうございました

本当にいつまでもひたっていたい、そんな雰囲気の映画でしたね。
北欧の寒さは、やはり尋常ではないので、昔から相互扶助の精神が根付いているため、社会保障制度などが、しっかりしているのですよね。
でも、あまりに社会保障費が高くて、最近では保障をもっとゆるくして欲しいという社会的な要求も高いようです。助け合うのが当たり前!の国が持つ、ホンワカしたムードがかもし出されてような気がします。

★ TBありがとうございました

こんにちは♪
本当に好みの映画でした!
この映画を嫌いな人はいないんじゃないかなぁ。
それこそ日本人のソウルフードが出てくるし、匂い付き映画だったら観客はお腹ぐうぐう鳴っちゃいそうでしたね。
女優さん3人もまるで素みたいにピッタリ!

☆sakuraiさん

ゆりかごからは墓場まで・・・中学時代(かなり昔です)にすでに聞いていた言葉なのですから北欧は本当にそういう精神が根付いているんですねー。
助け合うのが当たりまえ。確かにサチエさんにはそういう気持ちが満ちあふれていたかも・・・。
ほんと良い映画でしたよねー。

☆ミチさん

公式HPにはあのカモメ食堂のメニューが載っていて、ほんとどれもこれもが美味しそうでした。
普通にメニューなんですけどねぇ~。
あの清潔感溢れるシンプルだけど温かい感じがするキッチンで作られるメニューにまずい物はないなーとも思った私です。
ほんと、お腹空いちゃう映画でしたねー♪

★ 期待通り☆

HISAYOさんこんばんわ♪

遅ればせながら観て参りました♪
自分もかなり癒されましたし、観賞後にお腹も空いてしまいましたね。かもめ食堂の素朴さや、フィンランドの街並、そして暖かい人々。盛り上がりのようなものは無かったですけど、期待を裏切らない良作だった事に違いは無く、自分も色々な人にオススメしたい作品ですね♪

※でもおにぎりの具材でおかかや昆布が苦手・・・(汗

★ よかったですよねぇ~♪

☆メビウスさん
ごらんになったんですね~♪ほんと、良い映画ですよね。
確かに盛り上がりという盛り上がりはないんですけども、全編通して良い映画だったと言える良作ですよね。
カモメ食堂のメニューは公式HPにでているんですけど、おにぎりのほかにもいろいろあって、私だったこれ頼んじゃうかな~なんて考えたりもしちゃいました。
北欧に住むように滞在してみたい。そんな風にも思った映画でした。

★ 盆栽

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

「この映画は映画館で観て大正解!」----うん。どういうこと?「映画の中の世界がほんとうに、のんびりゆったり。そう、この映画は休みの日に、ふだんの煩わしいことをすべて忘れて、のんびり平和に過ごす……そんな感じの映画なんだ」----でも、それって環境ビデオと同じじ
ほのぼの優しく居心地のいい かもめ食堂。食べることは生きること。オリジナリティをもって、マイペースでいこう!フィンランドのヘルシンキに日本人のサチエがオープンした食堂の物語。アイドル映画もあふれ、メインに置かれるのはもっぱら華のある女優というのがスタンダ
 フィンランドのヘルシンキに“かもめ食堂”という小さな食堂をオープンした日本人女性サチエ。シンプルな“おにぎり”を看板メニューに、フィンランドの人にも日本食のおいしさを伝えたいと張り切るが、やって来たお客は日本のアニメが好きなおたく青年だけ。それでもめげ
あたしはとってもいい人だということが証明されてしまった。ありがとう群さん。あたしのフェバリット・アニメの『科学忍者隊ガッチャマン』をよみがえらせてくれて。ガッチャマンの歌を歌える人に悪い人はいないそうです。小林聡美が片桐嬢に「あのーー、ガッチャマンの歌、
誰だ、誰だ、誰だ~馬券売り場の片隅で~黒い制服~ガードマン~♪
評価;75点{/fuki_osusume/}かもめ食堂オールフィンランドロケ!と言う割には、フィンランドっぽいロケ場所ではないなぁ。と最初は思ったんですが、雰囲気はなんかのんびりとしていて、あちこちに鮮やかな色も見られ、フィンランドらしい映画でした。売れない食堂をアイデ
今月はまだ映画については書いてなかったですね~。まあ、青森に来ても映画が観られない訳ではなく、ちょっと遠いけどイオンのシネコンがあるし、片道2時間弱掛かったけど(^_^;)、試写会にも行ったし。でもやっぱりシネコンだとホントにメジャーな作品しかやってないので
ヨカッタぁ、最高ォォ!コレ、絶対チョーオススメですッ!めっけもんの当たりクジって感じでとっても気分いいです。監督は「バーバー吉野」「恋は五・七・五!」の荻上直子さん。この監督の力量はやっぱり本物ですね。「バーバー吉野」を気に入った方ならまず大丈夫、基本的
途中から、毎回訪れる「豚身・昼斗念」のTシャツの柄が気になって仕方なくなってきた私・・・もうかなりハマっていました。いや、ガッチャマンのつかみから持っていかれたというべきか・・・丸々と太ったかもめの住む国、フィンランド。そこで和食のお店「かもめ食堂」をオ
お腹がすくとなんとなく機嫌が悪くなるもの。まずは腹ごしらえ…劇中のおいしそうなおかず。食事というものは生きる上でのエネルギーで必要不可欠なもの。そしてそれ以上に、作ってくれた人の愛情が食べた人の心を満足させる。お腹がすいたから食べたい、飲みたい、のは当然
フィンランドのカモメはみんなデブっているらしいです!!いったい、何を食べているのでしょう?(笑)ミニシアタ-ですが、まだまだ大入りでした。フィンランドの首都ヘルシンキで、小さな日本食レストラン「かもめ食堂」を経営するサチエ(小林聡美)を中心に、ミドリ(片
映画館にて「かもめ食堂」群ようこが映画のために書き下ろした小説を荻上直子監督で映画化。全編フィンランドロケから流れてくる何ともいえない空気。ゆったりと流れる時間。太陽の日差しもどこか違う。空の青、森の緑、白夜の薄明かり、などなど景色が美しい。耳慣れない言
小林聡美主演。全編フィンランド・ロケで作ったらしいね。共演は、片桐はいり、もたいまさこ・・・すんごいオバサン・トリオ。
「明日地球が滅亡したら何をしたい?」うーん、ぱっと浮かびませんが、何食べる?なら塩ジャケ、玉子焼き、ゴハン、みそ汁!と答えます。オニギリ買うときは「シャケ、おかか」は外さないです自分も(笑)フィンランドが舞台のこの作品、昨年いいなぁと思った...
  それは、フィンランド、ヘルシンキの街中にある小さな食堂。 メインメニューはおにぎり。  サチエさん(小林聡美)は、お客さんが中々やってこない中で、一人のんびり店を構えていました。 ある日、初めてのお客さんトンミがやってくる。...
今日は某雑誌サイトで当選した 『かもめ食堂』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆
【監督】荻上直子【出演】小林聡美/片桐はいり/もたいまさこ/ヤルッコ・ニエミ/タリア・マルクス【公開日】2006/3.11【製作】日本【ストーリー】サチエはフィンランドで『かもめ食堂』を経営している日

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。