CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロークンフラワーズ

303.jpg


http://www.brokenflowers.jp/

(~ヘ~;)ウーン(~ヘ~;)ウーン(~ヘ~;)ウーン
つまらなかったわけでは決してないし、印象に残らなかったわけでもない。
でもなんかねぇ・・私にはどうにも静かすぎる映画だった。正にミニシアター系の映画だなぁと思う。

表情やその空気で読まなければならないところがたくさんありすぎて、もう少しその人の感情を言葉で表現してもらいたいかなぁ~と思った。
言葉がないだけにもうビルマーレーの表情を見つめまくり。なに?どんな風に思っているの?何を考えているの??ととにかく困ったように(いや、実際に困っているのだろうけども)眉根を寄せているビルマーレーの表情をじーーーーーっと見つめちゃっている私がいた。
別にスキでも何でもない俳優さんの表情をあそこまでじっくりみたのは初めてのことかもと思うほど。

元彼女を次々と訪ねていくビルマーレーなのだけど、まぁなんかこの人女性の好みにあまり一貫性がないんだなと思う。
様々なタイプの人といろいろなつきあいをしてきたらしい。
でも別れ方は一番最初に出て行った今現在の彼女と同じような感じなのかなぁと思うんだけど。(その辺は一貫しているのだろうか?)

そして次々と彼女の元を訪ねて行く割には時間はとにかくゆっくりまったり流れていく感じ。ビルマーレーの時間が流れていくその様子を私は観ているというか。そんな感じ。
これと言って何が起きるわけでもなく、これと言って求めているもののヒントがあるわけでも答えがあるわけでもないので、よけいにそう思うのかもしれないのだけど。
正に単館系という感じの映画かなと。

音楽はエチオピアのものらしい。私はこれといってはまらず。
最後も衝撃的ではない衝撃があると言えるかなと。なるほどねー。こういう風に終わるのねーと通常の使う「納得」という言葉の意味ではない納得が出来た。

これから彼はどうするのか?探し続けて答えを見つけようとするのか。
それとも諦めて、というかそれ自体を否定して今まで通りの人生を歩んでいくのか?

なんとなーく気になりつつ、なんとなーく徐々にそれを忘れていく私なのだろうなと思う。

スポンサーサイト

コメント

★ TBありがとうございました

こんにちは♪
冒頭の「うーん×3」がHISAYOさんの気持ちを表していますね~(笑)
私はジム・ジャームッシュ独特の雰囲気とかビル・マーレイの無表情がなんとなくお気に入りなので楽しかったです。
でも、きっと眠くなっちゃう人とか好みじゃない人もたくさんいらっしゃるでしょうね。
まさに単館系だと思います。
好きではない俳優さんの顔を見つめるって結構辛かったのでは?(笑)

★ TBありがとうございました

こんばんは。
ロードムービー好きにはたまらない映画ですね~。
私も好きなんですが、どうもこの作品だけははまらなかったんですよ。
自分と向き合う為に、決して楽しくはない旅に出て、過去をまざまざとつきつけられてしまうあたりは良かったのですが・・・
どうもビルは私の父に似てまして。笑
なんか嫌でしたね。

☆ミチさん

そうなんですよぉ~。正に「(~ヘ~;)ウーン×3」って感じの私でして。
私はこの映画の独特の雰囲気はどうにか感じられたものの、それに染まりきれなかったって感じかもしれません。
きっともっと感性を磨けばこういう映画も楽しめるようになるのかなぁ~?なんて思っております。
好きじゃない俳優さんの顔を見つめるのはね・・・えぇ・・確かに辛かったです(=_=)

☆charlotteさん

私は元々ロードムービーがイマイチなんですー。
ああいうのを好きになれるとなんか映画好きって感じで素敵だぞ♪と思っている私なんですけどそこまで達することが未だ出来ず(^^;
ビルがお父様に似ているとなると、なんか胸中複雑になってしまうかもしれませんねー。
シャロンストーンの凄さの隣にビル・マーレーはそれでなくても違和感な私でした。

★ ウエイトリフティング

ウエイトリフティングを探すなら http://www.gvshops.com/101070/502056/

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

「リストを作れ」「いやだ」「ブランチを食べに来い」「いやだ」「計画を立てておいたから、後はカードを使って旅に出ろ」「いやだ」
映画館にて「ブロークン・フラワーズ」19歳になる息子の存在を知った中年男が、まだ見ぬ息子とその母親を探し当てる旅に出るロードムービー。先日見たばかりの『アメリカ、家族のいる風景』と少し被る部分がある。好きなことばかりしてきた男、一生家庭なんて持つこともなさ
「20年前にあなたの子供生んだの」なんて手紙が来たら、ビビリますよねぇ~。でも、その気持ちって女の人にはわからない感情ですよねぇ。女だったら、自分が知らないうちに自分の子供がどこかにいるなんてことないからねぇ~。そんなわけで、近所のお節介さんのスス...
2005年カンヌ国際映画祭グランプリ獲得!というと期待しちゃうけど、ジョニーデップの「デッドマン」はじめ、今まで苦手なのが多かったジム・ジャームッシュ監督の、長編としては6年振りの新作というのもあって、超・満員のマスコミ試写室。。。5月公開を前に、ひと足早く
2005年カンヌ映画祭グランプリ作品{/kirakira/} ジム・ジャームッシュ監督主人公は人気刑事ドラマ「マイアミ・バイス」の「ドン・ジョンソン」と一字違いの「ドン・ジョンストン」・・・名前をいちいち人に説明しなくてはならないところがまた可笑しい。本人にしてみれば結
評価:70点ブロークン・フラワーズ雰囲気は大好きなのですが、ストーリー的には今一歩はまりませんでした。ちょっと似た話なら、「アメリカ、家族のいる風景」の方が好きですね。雰囲気は甲乙つけがたいですが。笑えるだけこちらの方がいいかな?ビル・マーレイ演じるドン
ビル・マーレイ主演。このおっさん、間抜けな役が多いよね。なにせ、「ゴースト・バスターズ」ですから・・本作品公開にあわせ、テレビ東京で昼間放映してたけど・・・相乗効果で客の入りが、良いんだか悪いんだか・・・
人生は思いがけない驚きを運んでくる ダメな人生も愛おしい!  見る人とその時の気分を選ぶんだよなぁ。。この監督・・・でもジム・ジャームッシュ監督の作品ではこれが一番好きだな。点数つけるとしたら5点満点で 1点か5点(爆 (そのときの気分次第な点数になるわ
   ※注 多少、物語に関して核心に触れる部分に言及しています。 さかりを過ぎた、女ったらしのドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)のもとに、一通のピンクの手紙が届く。 封筒の中身の便箋には、赤い字で・・・ あなたと別れて20年....
今日は某ラジオ局のサイトで当選した 『ブロークン・フラワーズ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。