CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

04月≪ 05月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドナイト&グッドラック

281.jpg


http://www.goodnight-movie.jp/

愛するジョージクルーニーがアカデミー監督賞にまでノミネートされたこの映画。
いざ、映画が始まると「あぁ・・ジョージがカメラ越しにあれやこれやと指示しながら撮影したのねぇ。ジョージのあの声で「アクション!」とか言っちゃって始まったのかしら?」なんて思いながら何となく感無量に。
なぜか冒頭のパーティーシーンで涙ぐんだ私はやっぱりジョージが大好きなんだと実感できた。

お話自体はちょっと難しい感じ。アメリカの共産党とか赤狩りとかその手のちょっと政治的な感じの複雑なところがあるのだけど、結局のところ私はその時代背景はよく分からず。
でも、私にとっては立ち向かったその相手や内容は難しかったとしても、結局は自分たちが感じている正義に対しチームワークをもって巨大な相手に立ち向かっていったというお話に思える。
エドワード・マロウが立ち向かっているように思っていたTV視聴者なのかもしれない。でも実際にはこうしてチームが一丸となって取り組み、全員で手に入れたその結果だったのだろうと思う。
おかしいと思いながらも続けられたそれに対しいつかは誰かが「おかしい。」「間違っている。」と言い出せば、それに続く人はたくさんでるのだろう。けれども、それを最初に行う勇気ある英断ほど難しい事はないだろう。

そしてそれを成し遂げ、世間的に拍手喝采を浴びたとしてもそれでも何かしらの制裁を受けてしまうのは組織的には今もあの時代も変わらないと言うことなのだろうかとも思う。

なのでストーリー自体は難しいと言えば難しいのだけど、何となく共感でき何となくアメリカのあの時代のエドワード・マロウとその仲間達を理解し、自分の知識として取り込めたのはとってもプラスだったなと。ジョージありがとう♪と笑顔でいいたい感じ。

ファッションや女優さんのメイク、髪型。男性のスーツ姿やYシャツ姿。それに小道具や音楽。いろいろなところが洒落ていて、モノクロだからこそよけいにその魅力が増していたようにも思えたこの映画。

ジョージの次の作品はどんなものだろう?今からとっても楽しみ♪


スポンサーサイト

コメント

★ TBありがとうございました

こんばんは♪
ジョージは監督、脚本、出演と大活躍でしたね~。
彼のお父さんがニュースキャスターだったとか、ジャーナリスト志望だったとかはじめて知りました。
ERのころはあまりに濃すぎて好きではなかったのだけど(ゴメンなさい!)、この映画なんて主役の邪魔もせずかといって存在感はあるし、とても良かったですよね。
そして監督も向いているのかなと思いました。
次回作はなんでしょうか?

★ ジョージ

TBありがとうございました。
ジョージ・クルーニーはジャーナリストだったお父さんへの思いがあって、この映画を作ったようですね。
しかしそれより、歌手のローズマリー・クルーニーがジョージのおばさんと聞いて驚きました。とても有名なジャズ歌手ですよ。

☆ミチさん

私はそのERのロス先生でクラクラになってしまったのでしたー(^^)
ER卒業後にいなくなってしまったりしないでしょうね?と思ったのですけどもそのころにはすでに映画にだいぶ進出していたのでとりあえずは安心していたのですけども。
でもここまでビッグになるとは想像できませんでした。
監督業は好きみたいですよねぇ~。次回作・・きっと決まっているのかなと思うのですけども、どんな内容なのでしょうね~。


☆macさん

こちらこそTBさせていただきありがとうございました。
ジョージは芸能一家という感じですよねぇ~。ローズマリークルーニーはERでジョージがロス先生を演じているときにゲスト出演していますよ(^^)
やっぱり素敵な歌声を披露してくれておりました。

★ パン・ジャム

パン・ジャムを探すなら http://www.aceauto-net.com/100227/100293/

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

デヴィッド・ストラザーン、ジョージ・クルーニー主演1950年代アメリカ 共産主義者による破壊活動が行われていると共和党上院議員ジョセフ・レイモンド・マッカーシーが論じますそして国務省職員の中にも205人共産主義者がいると告発したのですこれを発端にマッカーシズム
評価:75点{/fuki_suki/}グッドナイト&グッドラックジョージ・クルーニー監督作品。すごい社会派の作品ですね。戦後赤狩りと言われる共産党を弾圧する活動に対して、異を唱えたニュースキャスター、エド・マローの話。エド・マローを演じるデヴィッド・ストラザーンがカ
 国内に自由がないのに、他国に自由を与えるなんて無理だよなぁ・・・
----この映画アカデミー賞6部門ノミネートニャんだって?えっ、監督がジョージ・クルーニー。本当?「うん。共同脚本に出演も兼ねている。で、製作総指揮が今や彼の盟友スティーブン・ソダーバーグ」----いつの時代のお話なの?「1950年代のアメリカ。そこではマッカーシー
映画館にて「グッドナイト&グッドラック」“赤狩り”の嵐が吹き荒れる1953年のアメリカで、ニュースキャスターのエド・マローたちは真実を報道することを決意する。タイトルはマローが番組の最後に必ず言ったセリフ。全編白黒映像で重厚な雰囲気が漂う。当時の映像も多く使
有名なマッカシー上院議員によってはじめられた共産党員の追放運動。歴史で習いましたけれど、この映画で初めてその実態を理解できたような気がします。国務省に205人もの共産主義者がいるという報告から始まった赤狩りは、次第にエスカレートし、自分には全く覚えがなく
50年代のアメリカで、ニュースキャスターの鑑と讃えられた伝説の男、エド・マローとマッカーシーの伝説的な闘争テレビ {/v/} 政治を描いた、ジョージ・クルーニー監督としての第2作目。製作には、またもスティーヴン・ソダーバーグ監督が参加。先日のアカデミー賞では、こ
 放送の良心とは何なのか?人の生きる権利とは何なのか? 子供の頃から放送局という所は巨大なテーマパークだと思っていた。 実は、僕の父を始めとして・・・親戚にテレビ関係者の多い家庭に生まれた僕にとってテレビというものは、実に身近に....
ハリウッドを代表する俳優ジョージ・クルーニーが監督した作品。2005年度オスカーで6部門にノミネートされてた力作。

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。