CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

05月≪ 03月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロデューサーズ

265.jpg


http://www.sonypictures.jp/movies/theproducers/site/

多分きっとブロードウェイでこのミュージカルを観ているのだったら、なるほどこういうお話なのねぇ~と盛り上がれたのかもしれない。シカゴみたいに。
でも私はなんか今回はさっぱり乗れず・・どんどん引いていく私がいた。
主役の男性はあの女優さんの旦那さんなんだなぁ~とか、本当はこの役はニコールがやるはずだったんだなぁ~とか。そんな感じで見続けた。
ユマ・サーマンが演じたあの女性はなんか奇想天外な感じだったのだけど、実際のミュージカルでもそんな感じの人なのだろうか?
ウィルファレルが演じたあの人もなんだか最終的にはよく分からないオチだった感じであまり印象に残らず。
この映画の中で一番お気に入りのキャラを選ぶとしたら、やっぱりそれはあの振り付け師ご一同様かなぁ~?←私ってばゲイ好き?

そんな感じでイマイチ面白くなかったこの映画。
映画の中が勝手に盛り上がっている感じがしてしまったあたり、やっぱり私は乗れなかったのだろうなぁ。
どたばた騒ぎがずっと続いているって感じで私はオイテケボリ~。

でもこの映画を観たおかげで実際にはミュージカル自体は楽しく観られるだろうと思う。今度NYに行くチャンスに恵まれたら、このミュージカル観てみたいな~。
スポンサーサイト

コメント

★ 好みが分かれる

こんばんわ♪TB有難うございました♪

HISAYOさんはあまり乗れなかったんですね(^▽^;)ミュージカルといえども、下ネタもたくさん入ってましたし、好みは分かれそうですよね。
自分もあのゲイの振り付け師はお気に入りです。特に『イエ~~~・・・・ス』と間延びするカルメンが凄く面白かったです♪

★ TBありがとうございました

こんばんは。
そうですか、のれなかったのですね。
でもなんとなくわかります。結構間延びしてましたし、
テンション高すぎるし。
私も途中まではあまり面白くなかったのですが、
あのゲイ達者なおじ様たちが出てきてからはラストまで
引っ張ってもらって結構笑って見てました。
本場で生の舞台、見てみたいです。

★ TBありがとうございました

こんばんは♪
いったん乗り遅れるとこういうおバカな雰囲気にはさーっと引いてしまうものかもしれませんね。
私もゲイの方々が一押しでした。
もしかしてゲイ好きかも(爆)

★ TBさせていただきありがとうございます。

>メビウスさん

そうなんですよ~。あまり乗れませんでした(^^;
シカゴなんかはノリノリで2回観に行ったほどだったのですけどねぇ~。
みんながそれぞれちょっと・・という感じで。
ゲイの振り付け師ご一同様はお気に入りだったのですけど(^^)
でもミュージカルの映画化はいつか本場で見るための(未定ですが)下地となるのでこれからも増えてくれるといいなぁ~と思っています。

>charlotteさん

そうそう!テンション高すぎなんですよねぇ。(でも振り付け師たちは好き♪)
私は一番、ユマが演じた女性がだめでした~(x_x;)
元々ああいう感じのキャラなのでしょうけども、苦手だなぁって感じで。
“ゲイ達者なおじ様たち”←上手いっ!と膝をぽんと叩きたくなりました(^^)

>ミチさん

私は間違いなくゲイ好きなんだろうと思います(笑)
ほんとおっしゃるとおり乗り遅れなければ全部ツボに入って大笑いって感じの映画だったかもなぁとも思います。
次回のミュージカル映画で控えているのはヘアスプレーとかでしたか?
それはそれで楽しみなんですけど(^^)

★ ジュエリー・アクセサリー用品

ジュエリー・アクセサリー用品を探すなら http://www.stumpwaterrock.com/216129/407455/

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

【監督】スーザン・ストローマン【出演】ネイサン・レイン/マシュー・ブロデリック/ユマ・サーマン/ウィル・フェレル/ゲイリー・ビーチ/ロジャー・バート/他【公開日】2006/4
はじめに言っておきますがミュージカル大好きです。最近とんとご無沙汰ですが劇団四季の会員です。トニー賞史上最多受賞の12部門を独占したブロードウェイの傑作ミュージカルとして超有名ですが、そもそもオリジナルは1968年アカデミー脚本賞受賞した映画作品だったんですね
----これってミュージカルの映画なんだって?「うん。でもそのまた元をたどれば、68年にメル・ブルックスが手がけた映画。それがブルックス自身の脚本と作詞・作曲でブロードウェイ・ミュージカルに。2001年にトニー賞12部門受賞という華々しい記録を作り、そして今またスク
ミュージカルのテンションの高さには、いつも拍手です・・・{/hakushu/}コメディなら尚更だと思うのだけど、このテンションがなければ観客を引き込めませぬ。そこが、イマイチと思う方はなかなか入り込めないでしょうね。歌いながら演技、というのは違和感を感じていた自分
{/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/}1968年アカデミー賞脚本賞を受賞した、メルブルックス脚本の映画「プロデューサーズ」その後2001年にブロードウェイでミュージカル化、トニ
ブロードウェイの大ヒットミュージカルを完全映画化。でも、元は映画をミュージカル化したらしいけど。。。だから、リメイクでもあるらしいね。
評価:80点{/fuki_osusume/}プロデューサーズ良かったですねえ。基本的にミュージカルは苦手なのですが、コメディミュージカルは別。泣いて悲しいところから急に歌い始める!みたいなことがないですからね。初っ端からとにかくテンションが高い。序盤だとマシュー・ブロデ
マシュー・ブロデリック、懐かしいなぁ~!青春アイドル、その後はサラ・ジェシカ・パーカーの旦那って感じだったけど、コレで完全復活かしら~!?まさに、エンターテイメント!という作品でしたねぇ!つい最近、ミュージカル版の「プロデューサーズ」も日本でやっ...
プロデューサー(ネイサン・レイン)と 会計士(マシュー・ブロデリック)の2人が主役のミュージカル映画です。大きなユマ・サーマンも可愛くて楽しくて、今までとは違う役柄を演
映画館にて「プロデューサーズ」★★★★これぞまさにエンタテインメント! ブロードウェイでミュージカルを見る機会がない者にとって、この映画はまるで本当の舞台を見ているような気分にさせてくれた。舞台を映画化する際に、“映画ならではの演出”を加えるのもいいけれ
 製作=2005年 アメリカ 134分監督=スーザン・ストローマン脚本=メル・ブルックス トーマス・ミーハン出演=ネイサン・レイン マシュー・ブロデリック ユマ・サーマン ウィル・フェレル ロジャー・バート ゲイリー・ビーチ公式HP=http://www.sonypictures
 1959年のニューヨーク。 落ちぶれたブロードウェイのプロデューサー、マックス(ネイサン・レイン)の事務所に会計士のレオ(マシュー・ブロデリック)が帳簿を調べにやってくる。 会計帳簿を見たレオはショーをわざとこけさせ、粉飾決済で儲ける....
今日は某雑誌で当選した 『プロデューサーズ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★☆☆

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。