CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEATH NOTE デスノート前編

289.jpg


http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/

期待しないで行ったのが幸いしたのかなんなのか。
かなり面白かったこの映画。
あり得ない物が存在し、それを利用することによって制裁を下していく主人公。

途中、途中でなるほど!と思うその利用方法に主人公の頭の良さを感じずにはいられないのだけど、デスノートを利用すればしていくほど主人公の本来の意味と大きくゆがんでいってしまう実情。
最後の方にはここまでしちゃいますかーーー(@_@) とすごく驚いちゃった私。
法で裁ききれない悪の存在にやりきれない気持ちから始まった主人公のその気持ち。
デスノートを支配している主人公なのか、それともいつの間にかデスノートに支配されるようになってしまったのか。
そのあたり、ちょっと虚しい気持ちになってくる。

そしてその主人公と相対する立場と言える「L」の登場。日本人だったことがびっくりでもある「L」
この人が登場したときに、マンガは読んだことがないけども絶対に原作もこんなビジュアルに違いない!というような出で立ちだった。
(実際に読んだ事がある人はそっくりだったといっておりました)
ちょっとこの人気持ち悪いのね(=_=)
なのでどうしてもキリっとしている主人公の方に気持ちが入りがち。
まぁ執事のおひょいさんはおひょいさん以外の人は考えられないかなぁ~という気もするのだけど。

確かに主人公はもう自分のいく手を阻む奴は・・・という感じで、デスノートでの「死」を乱発してしまっている。
既に手は出せない状況にまでなっているのではないかと思うのだけど、それでもなぜかどうも私はこの主人公を悪い奴とは思えないのはどうしてなんだろう??

後半にはあのへんてこなアイドルも加わってきて更に波乱が起きそう。
いったいどう展開していくのか??とっても楽しみ!

スポンサーサイト

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。