CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初恋

308.jpg


http://www.hatsu-koi.jp/

3億円事件といえば、我が家では父があの当時バイクに乗っていて、それはよくよく止められては「ちょっといいですか?」と何度も質問されていたらしく、未だにあの時のお金はどうしたの?と弟と私できいていたりしている(^^;

そんなこんなの3億円事件。
単独犯行かなーとなんとなくあの事件を取り上げては謎の解明などをしている特番などをみると思っていたのだけど、なんとなくこんな展開もありだなぁ~と思えるお話の展開。

主人公のみすずは父とは死別。母は兄だけを連れてみすずを置いて出て行ってしまったらしい。そして叔父家族の元に引き取られているのだけどかなりやっかいもの扱い。
そんなこんなで喪失感に苛まれているのか、みすずって暗いのねぇ・・・あまり話すこともしないし何を考えているのかよく分からない感じ。
でもやっぱり誰かを求めているのだろうと分かるのが、突然現れた兄が渡してくれたとても真面目な高校生が1人では行けないような場所にあるジャズ喫茶に毎日通い詰めるあたり。
・・・やっぱり愛情を温もりが欲しかったみすずなんだろうなぁ。
そしてみすずのあの役がああいう風にできあがったのは宮崎あおいちゃんがもっている魅力のおかげなのかも。
それに、時代背景もあの当時の雰囲気がよくでていて、見事だなぁと思った。

あ、でもね。叔父夫婦にやっかいものにされていた割にはお洋服たくさんもっていたし、大学も行かせてもらえたし(あの時代なのに)金銭的には迫害受けていなかったのねと、ちょっと疑問だったのだけど(^^;

そして兄の元へとやってきたみすずはそこで仲間と出会うことになり、その中で特に「岸」という男性と更に距離を縮めて行く。
でもあの当時のお話なので、変な邪推はいらないのねぇ。ピュアな感じのお付き合い。というか、つきあってはいないのかなぁ?お互いの想いをしりつつそこに踏み込んでいかない感じというか。
これまたあの時代だからこそなのかなとも思う。

そしてこの事件が取りあげられると得てしていつもそんな感じなのだけど、大きな権力への反抗なのね。決してお金が欲しかったわけではなく・・・。
今回はこれを企てた人が大臣の息子というのが「なるほど!」とは思ったのだけど、やっぱり大きな権力に一石を投じてもそれはそこまでの話し。小石程度のものはどうにでも消されてしまうのだなぁと思う。
今はネットなんかもあるので抑えきれないものがあるのかもとも思うのだけど、あの当時ではもみ消されてしまうものなのね・・・と何となく納得。

若者達は熱く、そして苛立ちを抱え、目の前に立ちふさがる大きな権力みたいなものたちに常に憤りを感じていたあの時代に起きたあの事件。
これが本当の話ですと目の前に差し出された感じのこのお話。
あちこちに「そうなの?」とちょっと小首をかしげてしまうちょっとした展開やシーンがあるにしろ、なるほどねぇ・・と納得は出来るかなと思いましたです。

スポンサーサイト

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。