CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌われ松子の一生

272.jpg


http://kiraware.goo.ne.jp/

下妻物語の監督がとった最新作ということで期待していた私。
そして期待すると大概裏切られるのだけど、今回はそんなことはなく、期待通り面白かった映画でございます。

面白かったっていうとクスクス笑ってしまって・・・という感じの言葉になってしまうかな??
そうなると「面白い」という言葉は当てはまらないのだけど。

松子の一生を見ていく事になる観客の私たち。

松子って・・・今の時代に、私たちと同じくらいに生まれていればもう少し1人で過ごせる強さをもてたかなとも思うのだけど、あの時代だったのでやっぱり1人でいることの寂しさに耐えられなかったのかなぁとも思う。
家族と縁を切られてしまっていたというところも、また松子の孤独感を増幅させることにつながったのだろうと思う。

でも松子は1人が寂しいから1人じゃイヤなのという弱い人というわけでもなく・・・
好きな男の人の為にすごく強くなれるからすごいなーとも思う。
その松子の強さを引き出すためにはどんなに悪い男でも男がいる必要があるんだなぁとも思う。

映画を見終わってみると「嫌われ松子」のその“嫌われ”の意味の深さを知ることになるこの映画。
松子はたくさんの人を愛し、たくさんの人に愛された。そしてその愛の種類や度合いは様々で。
そんな松子を愛すればこそ嫌うことが愛とまで思われたほどの松子の一生。

確かに、絵に描いたような転落人生だったし、すごーくすごーく痛い気持ちになるのだけど・・・
その一生に意味がないわけはなく、松子は松子で精一杯生きて、精一杯がんばった一生だったなぁと思う。

ちなみにミュージカル仕立て風のところがあり、ノリノリで観られるシーン多数。
サントラを映画から帰ってきてすぐに注文しちゃいました(*^^*ゞ

スポンサーサイト

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。