CinemA*s Cafe

映画鑑賞が趣味となって早数年。 映画館で観る映画が好きです~♪ ネタバレ、随所随所で登場いたしますのでお嫌いな方はご注意ください!

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本沈没

316.jpg


http://www.nc06.jp/

いつも一緒に映画を観に行く先輩が試写会に当たったのでご一緒させてもらうことに。
これ、お金払っていたら、いや、自分で貯めたポイントさえも使っていたら暴れていたかもしれません(=_=)
久々に途中退席しようかと思ったほどだった(実際にしたことがないのだけど)
隣の先輩もぐったり来ていることが途中で分かり、ちょっとヒソヒソ声で話し始めちゃった程。
大仏さまががらくたのようになってしまっていたあたりは、ちょっと吹き出しちゃった私は不謹慎?

あれだけの大惨事。右も左も分からなくなっているだろうあの状況でなぜにあの二人はあんなに会えちゃうの?
そしてあれだけの事になっている日本国内なのにどんどん動ける移動手段はいったいなに?
愛し合う二人にはなにか通じちゃうすごいものがあるのでしょうかー(この辺棒読みで)
あんな展開の中、「なかよし」や「りぼん」みたいなラブシーンにここでこれは必要なのか~??とすごく疑問に・・・。
そんな場合じゃないだろーーーー(>o<)と思うのだけど、映画は得てしてそういうものかしら。

でもとりあえずこういう事になったら、磐梯山に私は逃げよう。
よかった、比較的近いところに住んでいて。(この辺も棒読みで)

ひとつひとつ挙げて行けばキリがないと思うのだけど、大地真央さんの美しさは相変わらずで眼力(めぢから)もすごかったなぁ~というのが感想と言えば感想でしょうかねぇ。
あの大惨事の中、あれほどのお化粧をばっちりしているその毅然さにも感服致しました。

スポンサーサイト

ナイロビの蜂

278.jpg


http://www.nairobi.jp/

私は壊れている女性が嫌いなのだけど、その理由は常識を重んじないからというところにある。
なので、このレイチェルワイズ演じるテッサ。この女性も同じ理由から苦手。
壊れているわけじゃないけど、正義感に満ちあふれすぎていて周りの空気を読めないっていうのか、あえて読まないっていうのか。空気すら壊していくというか。
学級会で、もうおわりにしてねーとみんなが思い切り雰囲気を出しているのに、それに気がつかず正義の味方論を真っ向からぶつけてくる人ってやっぱりねー。あまり日の目を見ないでしょう??
私はその手の時に議長役が多かったので、本当に勘弁して欲しいと思い続けた記憶がある。
周りの人はヤレヤレ系で勝手に帰ってしまったり、無視したりして議長におわりにするように求めればいいのかもしれないけども、実際の議長は意見を途中で中断することはできないわけですよー(T∇T) ウウウ
最後まで聞かないと行けないわけ。本当にほとほと困り果てちゃうタイプの人なのねぇ・・
ふざけている訳じゃないので、止めようがないものー(>_<)

なのでこのテッサも同じ事になってしまっているというか。

でもテッサが見つめて挑んでいった先をみてみると、学級会の事を持ち出している私の方が困った人なんだよね・・と反省もする。

そして妻であるテッサを亡くした冒頭で始まるレイフファインズ演じるジャスティンねぇ。

この人はテッサと出会ったあの時に運命が大きく変わってしまったのだろうなぁと思う。
正直テッサと結婚しなかったら、普通のエリートな人生が待っていただろうと思うのね・・・。趣味の庭いじりを楽しみながら仕事をしっかりこなしていき、それなりの出世をした人だろうと思うのだけど・・・
あのテッサとの出会いでねぇ・・・(=_=)
私がジャスティンの姉だったりしたら「あんたのせいで弟はこうなったのよー!」と食ってかかると思う。
でもそのテッサもいないのでね・・・。どうしようもないのだけど、テッサと結婚したが為に弟の人生は狂わされたって言うと思う。

ジャスティン。すごくすごくお気の毒な人だなぁと思う。しかも、あれほど合う感じがしない二人が出会った当日にそうなるか?みたいな違和感も感じ、またテッサの年齢が24才だったのに対し、ジャスティンはいったいいくつなんだ?とかなりの疑問が。あの年齢差が今回の私はプチ拒否反応。

テッサははじめはアフリカに行きたいが為にジャスティンとの結婚を望んだのかなとも思うのだけど、本当に愛し始めていき、誰よりも大切な存在になったジャスティンだったのでしょう。
でもねぇ。テッサは愛している人と同志は切り分けたんだね。
それってジャスティンにとってはどうなの?とも思う。
ジャスティンは妻に去られた後に、妻の自分への愛を確信しきれない自分に悩んでしまうことになったわけでね。
それはテッサの選択したそのやり方がどうも私には間違っていたような気がしないでもない。
愛する人と自分の信念は天秤にかけることは出来ないかもしれないけども、でもねぇ・・。

だけど、結局はなんかジャスティンがいいみたいだからいいです。
ジャスティンにとってはテッサが家だって言っているから、どうやらそれでいいらしいぞ、みたいな(^^;

うーん・・テッサの生き方をどう受け止めるかによってかなり感想が分かれてくる映画かなぁとも思います。

ナルニア国物語

266.jpg


http://www.disney.co.jp/narnia/

イギリスの美的感覚がイマイチ掴めず・・・
あの4人兄弟・姉妹は果たしてイケているのか??
そんなビジュアルに疑問を感じながら見ていたのだけど、途中から自分が第一子長女であるが故の贔屓目からか、一番上のお兄ちゃんだけはかっこよく見えてきた。
長男として母親の期待に応えようという必死さがすごく良くでていて、私のハートを鷲掴みしたからに違いない。
そして2番目であるお姉ちゃん。この人さー。お姉ちゃんだからその下にいる弟と妹をかばってあげてよき理解者っぽく振る舞ってはいるけども、なんか結局のところお兄ちゃんに甘えているところがあるよね。闘いでも大して役に立ったわけでもなく、あれほどの弓矢を背負いながら、放ったのはたった1回だったような気がするんだけど・・(=_=)
それだけでも、もう少しきっちり働くっっ!と思ってしまうのだけど。
そして3番目の弟ね。これがまたビジュアルもダメだわ(あくまでも私的感想)性格もわがままだわ、単純バカだわ。でも行動力だけは無駄にあるわで始末に負えない。
でもその割には弟だからなのかあれほどの過ちをたった1回の行動で帳消しにされるわでね。それでまた本人も良しとしているところが腹立つーーーー(>_<)と私の怒りの炎にドコドコと油を注いでくれちゃった感じ。
しかも挙げ句に最後には「正義」っていう冠つけられちゃっていますけどーーーーー!冗談じゃないわけ。あいつに正義なんてあるわけないじゃんっっっっと映画館の椅子の上で1人もだえ気味に。
そして一番末っ子の妹ちゃん。無邪気なのね~。でもイギリスの子供らしくちょっとなんかしつけというかそういうのは行き届いているのねぇ~。
でも無邪気のままでは人間生きていけないのよぉ~。そもそもやってはいけないことに可愛い冒険心で突き進むからこんな大変なことになっちゃうのよぉ~。
とやんわりと注意したくなる気持ちが満帆にふくれあがってくるこの感覚。
ビジュアルもねぇ・・もっと可愛い子いないの??とクビをしばしかしげていたくなってしまった私。

まぁでもそうはいってもお話自体は面白かったかなと。突っ込みどころ満載で。
でも本気でロードオブザリングが苦手な私にはこっちの方が面白かった。

そして最後には成長したこの4人のビジュアルが見事なまでに変わっていてどれをとっても美男美女。あの3番目の弟までかっこよくなっていたことにはホント、びっくり。

でもこのお話、続きも作られることが確定したらしい。

・・・ちょっと楽しみかも(^^)

最近の記事
プロフィール

HISAYO

Author:HISAYO
映画館で観る映画鑑賞が好き。
あまりDVDでは映画は観ないほう。
選り好みせずタイミングが合えばたいていのものは観るほう。
好きな俳優 ジョージ・クルーニー

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。